在来線 生活に密着した在来線。一歩足を踏み入れると、その土地の空気を感じる事ができるはず、各駅停車の旅はのんびりと始めよう。
E531系
常磐線
E531系
 常磐線近郊形電車に使用している403系・415系の取り替え用として開発した交直流電車で、2005年7月から運転を開始した。JR東日本の通勤・近郊タイプの標準型であるE231系をベースとしながらも、さまざまな改良を加えている。具体的には、JR東日本の通勤・近郊型としては初めて最高運転速度を130km/hとし、その性能を活かして「特別快速」は上野〜土浦間66kmを最短55分で運転している(途中9駅に停車)。床の高さを下げ(E231系比−35mm)ホームとの段差を少なくしたほか、車いす対応大型洋式便所の設置、お客さまの体形と設置場所に応じ3種類の高さとした新デザインの吊手の採用、ドア周辺の警戒色を配したカラーリングと開閉時のチャイム鳴動と表示灯点滅などにより、ユニバーサルデザインの深度化を図っている。
 編成は基本編成10両・付属編成5両で、基本編成のうち4両と、付属編成のうち3両はセミクロスシート、その他はロングシートである。ドアは半自動機能を備えており、車外スピーカによる案内ができるようにしている。車体はE231系に準じた構造とし、外部の帯は415系等と同じ常磐線のラインカラー(青色)で、座席の色はE231系の寒色系から暖色系のブラウンに変更するとともに、腰掛の幅・高さを見直し座り心地も向上させている。
ページの先頭へ