在来線 生活に密着した在来線。一歩足を踏み入れると、その土地の空気を感じる事ができるはず、各駅停車の旅はのんびりと始めよう。
E501系
常磐線・水戸線
E501系
 1995年に登場した通勤形電車。常磐線取手以北の交流区間でも使用するため、通勤形としては初の交直両用電車として誕生した。主回路システムにヨーロッパで実績のあるシステムを採用し、交流・直流の切り替えを自動で行うシステムを初めて導入した。車体は209系がベースとなっており、両先頭車に車椅子スペース、ドア上部のLED式停車駅案内装置のほか、ドア開閉チャイムが設置されている。E531系の投入に伴いローカル運用主体となることから2006年度に車いす対応のトイレを設置している。
ページの先頭へ