1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 列車
  4. E233系

在来線[E233系]

  • E233系(中央)

    2006年にデビューした中央快速線

  • E233系(京浜東北)

    京浜東北線、根岸線

  • E233系(常磐緩行)

    東京メトロ千代田線乗り入れに対応したストレート車体の常磐緩行線

  • E233系(京葉・外房・内房・東金線)

    京葉線、外房線、内房線、東金線

  • E233系(中央)
  • E233系(京浜東北線)
  • E233系(常磐緩行線)
  • E233系(京葉線、外房線、内房線、東金線)

など

JR東日本の通勤・近郊形電車の今後の標準車両として、E231系の技術を踏襲しつつ、主要機器を二重系化するなどして信頼性を高めた最新型の通勤形電車である。

ユニバーサルデザインの深度化を図り、つかまり易さなどに配慮した握り棒の形状、優先席エリアの明確化などを実施している。また、お客さまのニーズを反映し、空気清浄機の設置、座席の座り心地の改善、結露しにくいドアガラスの採用など快適性の向上も図っている。

中央快速線や京浜東北線などの車内はオールロングシートで、山手線のE231系から採用している液晶ディスプレイを各ドア上に設けてさらにその画質を向上させているほか、京浜東北線では画面サイズを今までの15インチから17インチに拡大している。東海道線用の車内は一部セミクロスシートで、各ドア上には運行情報なども表示できる停車駅案内装置を設けている。また、E231系近郊形と同様に車椅子対応トイレを設置しているほか、10両の基本編成には2階建てグリーン車を2両連結している。

車外の行先表示器にはフルカラーLEDを採用し、さまざまな列車種別をわかりやすく表示しているほか、車外スピーカーを備えて車掌からホーム上のお客さまに対して放送による案内ができるようにしている。

「乗り放題」「往復きっぷ」などのおトクなきっぷ

検索する

ページの先頭へ