在来線 生活に密着した在来線。一歩足を踏み入れると、その土地の空気を感じる事ができるはず、各駅停車の旅はのんびりと始めよう。
209系
南武、川越、八高、中央・総武(緩行)、常磐(緩行)、京葉、東京メトロ千代田線など
209系 500番代
車体幅の広い500番代は、E231系の基礎を築いた

209系 1000番代
地下鉄へ直通する1000番代は、前面の非常扉が特徴

209系 500番代
京葉線に転用された500番代

209系 2000番代
トイレ等の整備もされ房総各線に転用された2000番代
 JR東日本の次世代を担う通勤形電車として1993年に誕生。試作営業車の901系の開発を経て量産車として投入されたのが209系である。車体・台車・主回路システムなど車両の根本から様々な見直しが行われ、現在のJR東日本の通勤・近郊形電車の礎となった車両である。室内では座席幅の拡大と握り棒を兼ねたポールによる区分化、車いすスペースの設置、ドア上部へのLED式停車駅案内装置、ドアの開閉をチャイムで知らせる装置など、バリアフリー化も配慮した構造とされている。
 中央・総武緩行線や京葉線に投入された500番代は、車体幅を拡げたものとなっている。
 また、東京メトロ地下鉄千代田線乗り入れ用の1000番代では、前面に非常用扉を設けたり、動力車の比率を高くするなどの違いがある。
 また、川越・八高線には、もと東京臨海高速鉄道70-000系から改造した車両もある。
ページの先頭へ