在来線 生活に密着した在来線。一歩足を踏み入れると、その土地の空気を感じる事ができるはず、各駅停車の旅はのんびりと始めよう。
205系
埼京線、京葉線、武蔵野線、南武線、鶴見線、根岸線、相模線、仙石線、八高線、川越線、日光線など
205系 埼京線
埼京線の205系は、りんかい線まで直通運転している

205系 仙石線
4両編成に組みなおされ、仙石線にも登場した

205系 南武線
南武線用には、2両編成のワンマン運転用に改造

205系 相模線
相模線の205系は顔立ちが大きく異なる


 201系の後継として1985年に登場した通勤形電車。JR東日本では1000両を超える大所帯で、主力車両の一つ。JR東日本になってから登場した車両の一部は使用路線によってラインカラーや前面スタイルが異なる。
 車体は軽量ステンレス製で、塗装が不要なためメンテナンスが大きく軽減されたほか、界磁添加励磁制御の採用により比較的簡単な機器構成で、ブレーキのエネルギーを有効に利用できる電力回生ブレーキの装備が可能となった。なお、武蔵野線の一部の車両はVVVFインバータ制御に改造されている。
 同制御方式はその後に登場した211系や215系、251系、253系などに受け継がれた。
ページの先頭へ