1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. 列車
  4. わかしお・さざなみ・しおさい(E257系(500番代)・255系)

わかしお・さざなみ・しおさい(E257系(500番代)・255系)

  • 255系

〔東京⇔安房鴨川・君津・銚子〕

「わかしお」は、主に東京駅から外房線の海岸沿いを走り、温泉を楽しめる房総のリゾート地である安房鴨川駅まで運転しています。

「さざなみ」は、主に東京駅から内房線を経由し、君津駅まで運転しています。

「しおさい」は、主に東京駅と本州最東端で漁港・醤油の街として有名な銚子駅間を運転し、九十九里浜や犬吠崎などへのアクセスにも便利です。

  • 時刻表
  • 運賃・乗換
  • きっぷ予約

主な車両

車両 列車名 デビュー年 最高速度 運行区間
E257系(500番代) わかしお・さざなみ・しおさい 2004年10月 130km/h 京葉線、内房線、外房線、総武本線など

わかしお・さざなみ・しおさい(257系)

千葉方面の特急に使用されていた183系の取替用として投入されました。中央線の「あずさ」「かいじ」に投入したE257系を基本とした5両編成で、2つの編成を連結して10両編成でも使用できるように、運転室は貫通タイプとなっています。

車両のデザインコンセプトは「美しい房総半島の自然」「近代的な幕張地区のイメージ」「さわやかなくつろぎ」「さらに発展してゆく千葉のエネルギッシュなイメージ」です。

千葉を走る列車(千葉支社ホームページ)

車両 列車名 デビュー年 最高速度 運行区間
255系 わかしお・さざなみ・しおさい 1993年7月 130km/h 京葉線、内房線、外房線、総武本線など

しおさい・わかしお・さざなみ(255系)

房総方面の特急は、レジャーからビジネスまで広く利用されているため、乗客のニーズに合わせて開発されました。例えば、普通車には肘かけ収納のアームテーブルを採用。これでグループで座席を向かい合わせにしてもテーブルが使えるようになりました。

JR東日本の特急形電車としては初のVVVFインバータ制御です。

千葉を走る列車(千葉支社ホームページ)

車両販売

全列車で車内販売を実施しておりません。

まだまだたくさん!おトクも買えるきっぷ

  • えきねっと:新幹線・特急列車のきっぷをインターネット予約

    予約する
  • 「乗り放題」「往復きっぷ」などのおトクなきっぷ

    検索する
  • JR東日本国内ツアー:「往復列車+宿泊付」のツアーでおトクに

    ツアーを探す

ページの先頭へ