特急・寝台特急 ゆったりとしたシートに身をまかせ、移りゆく車窓を眺める心地よさ。旅心をくすぐる列車の愛称。列車ならではの旅の醍醐味を楽しむ。
485系
白鳥 デビュー年:2002年12月*
最高速度:140km/h
運行区間:津軽線など
485系白鳥 画像
 東北本線の特急「はつかり」用として、在来の485系を改造。グレードアップさせて誕生した車両。青函トンネル内では最高時速140キロまで出すことができる。
 車体のスタイルは、先頭車前面にFRP(ガラス繊維強化プラスチック)製のマスクを取り付け、大きくイメージチェンジしている。ホワイトとバイオレットを基調にした明るい塗装も新鮮さを盛り上げる。
 室内も大幅なリニューアルが施され、ぐっと落ち着いた雰囲気になった。普通車には、リクライニング角度に応じて座面がスライドするニュータイプのシートが導入され、座り心地も格段にアップ。授乳や休憩のための多目的スペースもある。
 2010年12月の東北新幹線 新青森開業に伴い、運行区間が新青森−函館間に変更となっている。
 
 * 八戸−函館間で運転開始した時点をデビュー年とした。
ページの先頭へ