Over The Century 東京駅丸の内駅舎保存復原 2012年10月完成

東京駅丸の内駅舎保存復原 > ライトアップ・照明デザイン
「和やかな景色」歴史や文化を表現する光

2012年10月東京駅丸の内駅舎ライトアップ開始 Copyright © 2010 東日本旅客鉄道株式会社、株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ

主に6つの照明手法を用い、建築ファサードを演出します。

Copyright © 2010 東日本旅客鉄道株式会社、株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ
  1. (1)レンガ壁面ライトアップ

    低層部分を暖かい光でやさしく照らし、赤いレンガの存在感を際立たせます。

  2. (2)意匠柱アップライト

    赤いレンガ壁面に並ぶ白い花崗岩の柱を意匠的なアクセントとしてほんのりと照らします。

  3. (3)メインアーチライトアップ

    3ヶ所のメインアーチ内の繊細な意匠を丁寧に照らし、細やかな陰影を造りだします。

  4. (4)ドーム屋根アップライト

    美しいドーム形状をシンボリックに照らします。象徴的なドーム屋根の照明は、点灯オペレーションにより、時や季節の移ろいを表現します。

  5. (5)スレート屋根リニアアップライト

    リニアにつながる光の帯が、南北にのびる建築の水平ラインを浮かび上がらせます。

  6. (6)窓明り

    東京駅は駅舎にホテルが組み込まれている点も特徴的です。客室の窓から漏れる暖かい明かりも、外観ライトアップの大切なエレメントとなります。

ライトアップ用照明器具

RGB(赤緑青)LEDチップ搭載タイプ(各色LEDチップの出力調整により光演出が可能)や、特殊チップを搭載した照明器具を採用することで様々な光演出を可能とし、ライトアップのデザインコンセプトの実現に貢献しています。

照明デザイナー

照明デザイナー 面出薫氏 画像
面出薫(めんでかおる)
  • 照明デザイナー
  • 株式会社 ライティング プランナーズ アソシエーツ代表取締役
  • 武蔵野美術大学教授

1950年、東京生まれ。東京芸術大学大学院修士課程を修了。住宅照明から建築照明、都市・環境照明の分野まで幅広い照明デザインのプロデューサー、プランナーとして活躍するかたわら、市民参加の照明文化研究会「照明探偵団」を組織し、団長として精力的に活動を展開中。

東京国際フォーラム、JR京都駅、せんだいメディアテーク、六本木ヒルズ、シンガポール中心市街地照明マスタープランなどの照明計画を担当。国際照明デザイン大賞、日本文化デザイン賞、毎日デザイン賞などを受賞。

著書に『世界照明探偵団』鹿島出版会、『陰影のデザイン』六耀社など。

Lighting Planners Associates ロゴ(別ウィンドウが開きます。)