東北6県の未知なる魅力を学ぶ時間 東北歴史文化講座

日本の歴史、文化史において独特の発展を遂げてきた東北にこそ、未知なるおもしろさに満ちたこの国の魅力が詰まっているのではないか——。「東北歴史文化講座」は、毎回東北の1つの県に焦点を当て、独自性のあるテーマを軸に掘り下げます。長い歴史の中で培われてきた東北の文化を多角的な視点で捉えることで、知られざる日本を再発見。2018年、東北を知る新たな好奇心の扉が開きます。

講演終了

第1部 山形 2018年  11/23(金・祝) 13:00〜 “感じる知性”が導く修験道への扉

出羽三山に生きる羽黒山伏の辻説法
第1部 山形 2018年  11/23(金・祝) 13:00〜 “感じる知性”が導く修験道への扉

湯殿山(ゆどのさん)

古来、修験道の霊場として敬われてきた出羽三山。山に祈り、厳しい修行を重ね、修験を探求し続ける現代の山伏が、「感じたことを考える」羽黒修験の極意を説く。

講師/星野文紘氏の写真

講師/星野文紘氏
昭和21年、山形県生まれ。宿坊「大聖坊」の十三代目を継承し、「秋の峰」に初入峰。平成19年、「冬の峰百日行」の松聖となった。出羽三山神社責任役員理事などを務め、各地で講演も行う。著書に『感じるままに生きなさい』(さくら舎)ほか。

講演終了

第2部 福島 2018年   11/23(金・祝) 16:30〜 古戦場に秘められた会津戦争の真相

明治に花咲かせた会津人の「義」のこころ
第2部 福島 2018年   11/23(金・祝) 16:30〜 古戦場に秘められた会津戦争の真相

日新館(にっしんかん)

戊辰戦争の激戦地となった会津の峠では、農民をも巻き込んだゲリラ戦となった。古戦場から見えてきた戦況と、背景に浮かび上がる藩校「日新館」の教えが紐解かれる。

講師/石田明夫氏の写真

講師/石田明夫氏
昭和32年、福島県生まれ。会津若松市の職員として会津の歴史研究に従事。大河ドラマ『天地人』の時代考証に携わる。共著に『新島八重を歩く』(潮書房光人新社)ほか。現在、会津ユネスコ協会事務局長なども務めている。

ページの先頭へ戻るボタン