地・温泉
  • 地・温泉トップページへ
  • 地・温泉はこんな湯へ
  • 地・温泉の湯守たち・お宿一覧へ
  • 「あっ!たま〜る 地・温泉」スタンプラリーへ

三日湯治とは

三日湯治イメージ

三日湯治ノススメ

日本には古くから「湯治」という習慣がありました。
農家も漁師も、仕事が一段落する季節になるとなじみの湯治場へ出向き、体をいたわりのんびり過ごす。
そのころの湯治の単位は「七日三回り(計二十一日間)」。
これをいま私たちが実行するのは難しいとしても、現代には現代の湯治法がある。

そこで「三日湯治ノススメ」。
一泊二日の温泉旅に、もう一日加えるだけで"旅"は"滞在"になり、豊かさは何倍にもふくらみます。
宿の主人や同じ滞在客とふれあったり、地産の味覚に、その土地の豊かさを感じたり。
宿周辺の自然散策や、温泉街を湯めぐりするのもいい。
もちろん、薬効豊かな湯は欠かせません。
さあ、あなたも「三日湯治」で、ゆったり、のんびり。

ページの先頭に戻る