利根川の源流に宿をかまえる汪泉閣は、一軒宿ながらおよそ3万坪の広さを持つ。宝川の清流に沿う4つの露天風呂は、合わせて約470畳。大きいもので約200畳、小さいものでも約50畳はある。どこまでが露天風呂で、どこからが川なのか、目を疑いたくなるほどの壮大なスケールである。
4つある源泉の3つをまとめてから各湯殿に流し、ぬるめの1つの源泉で湯温を調節している。
目の前には、花、新緑、紅葉、雪、日本の四季が鮮やかに映し出され、いつ訪れても湯客を飽きさせない。

宝川温泉 汪泉閣の湯守

湯守 イメージ

小野与志雄さん

宝川の川岸すべてが湯殿のようなものだから、昔のように人手だけに頼ってばかりはいられない。近代的な源泉分離室で、適温・適量の湯をそれぞれの露天に分配しています。

「摩訶の湯」(混浴) イメージ

約120畳の広さを持つ「摩訶の湯」(混浴)

「子宝の湯」 イメージ

宝川沿いに点在する露天は混浴が3つと女性専用が1つ。写真は約200畳と最も大きい「子宝の湯」

伝統料理「熊汁」 イメージ

山里ならではの伝統料理「熊汁」
※料理は季節によって変更になる場合があります。

温泉データ

  • 泉温: 約70度
  • 泉質: 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
  • 効能: 神経痛・関節痛・筋肉痛(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約1800(リットル/分)
  • 風呂: 殿湯・姫湯(内湯)・摩訶の湯・般若の湯・子宝の湯・摩耶の湯(露天)
加水あり 加温なし 掛流し
  • ※子宝の湯と摩耶の湯は、温度を下げるため加水あり(夏期のみ)

アクセス

アクセス 地図

上越新幹線「上毛高原駅」より上越線「水上駅」行き路線バスで約25分(水上駅乗り換え)、湯の小屋行き路線バスで約35分、宝川温泉下車徒歩約1分。

  • ※宝川温泉を経由しないバスの場合、宝川入口下車。宝川入口バス停より送迎あり(駅到着時に連絡)。
  • ※上毛高原駅・水上駅より送迎あり。時刻は施設にお問い合わせください。
  • ※上毛高原駅・水上駅からの送迎は満席の場合お断りする場合があります(前日までに要予約)。2月1日現在。路線・ダイヤが変更になる場合がございます。出発前にご確認ください。
  • ※水上駅からの送迎をご利用の場合、着発駅は「水上駅」をご利用ください(差額あり)。

ツアー申込

宝川温泉 宝川温泉 汪泉閣
(本館)

出発日:2018年4月1日〜9月30日(除外日あり)

ページの先頭へ