高峰温泉は浅間連峰の尾根の上、標高2,000メートルに湧く山の湯だ。湯船に浸かれば、高峰渓谷や美ヶ原を眼下に望み、はるか彼方には中央アルプスの山々がそびえ立つ。「ここからの朝・夕の景色は、毎日見ても見飽きることがありません」と、湯を守り山の自然をこよなく愛するご主人の後藤英男さんは言う。

源泉は約36度とぬるめのため、源泉そのままの浴槽のほかに加熱の浴槽も用意されている。冷・温交互に浸かると山登りの疲れもよくとれると評判の湯だ。

晴れた夜には、ご主人自らがナビゲートする星空観望会が開かれる。降り注ぐほどの満天の星に、淡い光の帯を描く天の川。雲上の一軒宿で目にする風景は、壮大で美しい。

ランプの宿 高峰温泉の湯守

湯守 イメージ

後藤英男さん

自然が美しい、湯の丸高峰自然休養林の中心にある一軒宿です。登山やハイキングそして、冬のスノーシューなどが楽しめます。
四季折々の自然とともに温泉を楽しんでください。

「星の観望会」 イメージ

宿では「星の観望会」や「野鳥観察会」など自然を楽しむイベントも充実。「星の観望会」は20時30分〜
※天候不良の場合はスライド上映。

「雲上の野天風呂」 イメージ

時には雲海が見られることもある「雲上の野天風呂」
※悪天候時は入浴できません。

ショウジョウバカマ イメージ

高峰高原周辺で見られるショウジョウバカマ。
見頃は5月中旬〜6月上旬頃

温泉データ

  • 泉温: 約36度
  • 泉質: 含硫黄-カルシウム・ナトリウム硫酸塩泉
  • 効能: 糖尿病・痛風・便秘・冷え性・胆石症・動脈硬化・肝臓病(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約60(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(ランプの湯、高嶺の湯、四季の湯)・野天(雲上の野天風呂)
加水なし 加温あり 循環あり
  • ※温度を保つため加温あり
  • ※加温浴槽のみ掛流しと循環を併用

アクセス

アクセス 地図

北陸新幹線「佐久平駅」より車で約45分または高峰高原行き路線バスで約70分、高峰温泉下車後すぐ。

  • ※季節により停車場所が変わります。その場合は宿泊施設より送迎いたします(連絡不要)。

ツアー申込

高峰温泉 ランプの宿 高峰温泉

出発日:2018年4月1日〜9月30日(除外日あり)

ページの先頭へ