富山と新潟の県境近く、日本海へ注ぐ小川という名の川のほとりに、宿は建っている。創業は明治19年。昭和40年代までは湯治場としてにぎわった。近隣の農家はもちろん、魚津や氷見からは漁師もやってきた。背後には北アルプスが連なり、白馬岳や朝日岳の登山客にも人気の湯だ。

名物の天然洞窟野天風呂(※冬期閉鎖)は、湯船の周りを湯の花が凝固した洞窟が囲む。天然記念物にも指定され、なんとも野趣あふれる雰囲気だ。ほかに3つある露天風呂も小川を望む好ロケーションで、湯めぐりが楽しい。

夕食の楽しみは季節ごとの山の幸と、新鮮な富山湾の幸。湯守おすすめの地酒とともに、ゆっくりといただこう。

ホテルおがわの湯守

湯守 イメージ

鹿熊裕二さん

野天・露天はすべて源泉かけ流しです。大浴場だけ夏場に加水することがありますが、源泉そのものを楽しんでいただけるよう工夫しています。自然のなか、滋養に満ちたお湯でのんびりしてください。

富山の幸を味わう夕食 イメージ

富山の幸を味わう夕食
※料理は季節によって変更になる場合があります。

女性専用野天風呂 イメージ

天然洞窟野天風呂(混浴)のそばには女性専用野天風呂(写真)もある。
小川の流れに面し、山の紅葉も美しい

温泉データ

  • 泉温: 約52度
  • 泉質: ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
  • 効能: 神経痛、慢性婦人病、冷え症(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約540(リットル/分)
  • 風呂: 大浴場、檜桶露天風呂、露天岩風呂、天然洞窟野天風呂(混浴)、野天風呂「蓮華の湯」(女湯)
加水あり 加温なし 掛流し
  • ※大浴場では温度を下げるため夏期に加水する場合あり
  • ※天然洞窟野天風呂、「蓮華の湯」は12月初旬〜4月上旬頃まで冬期閉鎖。

アクセス

アクセス 地図

北陸新幹線「黒部宇奈月温泉駅」より車で約30分。

  • ※「黒部宇奈月温泉駅」より送迎あり(前日までに要予約)
  • ※詳細は施設へお問い合わせください。

ツアー申込

小川温泉元湯 ホテルおがわ
(湯乃庄・湯らく)

出発日:2017年10月1日〜2018年3月31日

ページの先頭へ