安達太良連峰の秀峰、鬼面山を背に、福島市街を一望する高台に野地温泉ホテルは白い姿を現す。明治元年(1868年)に湯治場として始まり、平成元年(1989年)に現在の近代的なホテルとして生まれ変わった。

湯治場の面影を今に伝えるのが、「千寿の湯」。木枠で仕切られた3つの湯船が並び、奥から順に温度が下げられており、ついつい長湯となる。地元の銘石、鮫川石を配した露天「鬼面の湯」、内湯と露天がひとつになった「天狗の湯」など、湯めぐりも楽しい。どの風呂も白濁した硫化水素泉で、肌にしっとりとなじむ。3時間ごとの男女入替制をとっているのも、うれしい心づかいだ。

野地温泉ホテルの女将

女将 イメージ

相模恵美子さん

「雲上の湯めぐり」を心ゆくまで楽しんでいただくには、どうしたらいいのか。そこで3時間交替で男湯、女湯が切り替わるようにしたのです。

「千寿の湯」 イメージ

最も古い「千寿の湯」。湯温の異なる3つの檜風呂がある

露天「鬼面の湯」 イメージ

写真の露天「鬼面の湯」と、「千寿の湯」「天狗の湯」は男女時間交代制で24時間入浴できる

イワカガミ イメージ

宿の裏手のブナ林は高山植物の宝庫。
写真は7月上旬頃から見られるイワカガミ

温泉データ

  • 泉温: 約51度
  • 泉質: 硫化水素泉
  • 効能:皮膚疾患(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約318(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(千寿の湯、天狗の湯、剣の湯、扇の湯)・露天(鬼面の湯、羽衣の湯)
加水あり 加温なし 掛流し
  • ※温度を下げるため加水あり。

アクセス

アクセス 地図

東北新幹線「福島駅」より、車で約50分。

  • ※福島駅西口より送迎あり(迎え13時30分、送り10時30分、2日前までに要予約)

ツアー申込

1名様より予約可能

野地温泉 野地温泉ホテル

出発日:2018年4月1日〜9月30日

ページの先頭へ