江戸時代から日本でも数少ない「目の湯」としてその名を馳せてきた奥湯沢 貝掛温泉。古くは上杉謙信の隠し湯の一つでもあったと聞く。

宿の自慢は大きな石を組んで造られた野趣あふれる露天風呂だ。季節の移ろいを愛でながら、のんびり贅沢な湯三昧が味わえる。

ホウ酸を含んだ源泉は37度弱とぬるめのため、内湯・露天ともに源泉そのままの湯と加温した湯の2種類が用意されている。無色透明の湯はやわらかく、じっくり温まっている間に芯から疲れが抜けていくようだ。効能にある眼精疲労には、湧き出したばかりの源泉で繰り返し目を洗うのがよいという。宿の自慢はもう一つ、南魚沼産塩沢コシヒカリ。美味い米も楽しめる宿である。

奥湯沢 貝掛温泉の湯守

湯守 イメージ

長谷川智丈さん

江戸のむかしから、「目の温泉」として知られてきました。取り囲んでいるのは、手つかずの自然。先人のこころを、しっかり受け継いでいきます。

鍋料理 イメージ

冬は温かい鍋料理も楽しみ
※料理は変更になる場合があります。

庭園露天風呂 イメージ

雪見風呂の風情が楽しめる、庭園露天風呂。加温の浴槽で温まることができる

温泉データ

  • 泉温: 約37度
  • 泉質: ナトリウム・カルシウム塩化物温泉
  • 効能: 神経痛・切傷・白内障・眼精疲労(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約650(リットル/分)
  • 風呂: 内湯(源泉、加温)・露天(源泉、加温)
加水なし 加温あり 掛流し
  • ※一部の浴槽に、温度を保つため加温あり

アクセス

アクセス 地図

上越新幹線「越後湯沢駅(東口)」より、苗場プリンス・浅貝行き路線バスで約20分、貝掛温泉下車徒歩約10分。

  • ※貝掛温泉バス停より送迎あり/越後湯沢駅バス乗車前に連絡

ツアー申込

貝掛温泉 奥湯沢 貝掛温泉

出発日:2017年10月1日〜2018年3月31日(除外日あり)

ページの先頭へ