峩々温泉は、蔵王連峰の麓に立つ一軒宿。胃腸の名湯として知られるこの宿では、伝統の湯治作法をぜひ体験したい。まずは飲泉で水分と温泉成分を補給。その後、湯船のそばで横になり、竹筒で源泉の熱い湯をお腹に何度もかける。これが峩々伝来の「かけ湯百回」だ。やがてじんわりと温まって胃腸が活性化してくるのがわかる。湯上がりに飲泉でまた一杯。ストレスで弱った胃腸にこれほどありがたい湯はない。古くから湯治場としての歴史を持つ峩々温泉だが、この宿の若き6代目・竹内宏之さんは、現代の生活にそった新しい形の湯治宿を目指す。それは、里帰りした感覚で気兼ねなくくつろげる「もうひとつのふるさと」。リセットしたいときに気軽に訪ねてみたい。

峩々温泉の湯守

湯守 イメージ

竹内宏之さん

僕らは「湯治宿」です。 過剰なサービスよりも、日常のなかにある上質の心地よさを目指します。
湯治する事を自分のライフサイクルに取り入れて欲しい。だから何もありません。何もしません。
ただ良い湯を守り続けるだけ。

薪ストーブのある談話室 イメージ

薪ストーブのある談話室は団らんの場

内湯 イメージ

胃腸病の名湯、峩々温泉では伝統の湯治法「かけ湯」を提唱している。竹筒で数十杯〜百杯ほどかけるのがおすすめだ

温泉データ

  • 泉温: 約58度
  • 泉質: ナトリウム・カルシウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉
  • 効能: 胃腸病・リウマチ・肝臓疾患・その他消化器系疾患など(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 約200〜250(リットル/分)
  • 風呂: 内湯・露天(混浴、男湯、女湯)・貸切露天
加水なし 加温なし 掛流し

アクセス

アクセス 地図

東北新幹線「仙台駅」西口より遠刈田行きで約70分(高速バス)または東北新幹線「白石蔵王駅」西口より宮城蔵王ロイヤルホテル行き路線バスで約55分、宮城蔵王ロイヤルホテルバス停下車、車で約20分。

  • ※宮城蔵王ロイヤルホテルバス停より送迎あり(迎え14時42分頃*、送り10時10分、前日までに要予約)
  • *宮城蔵王ロイヤルホテル14時42分着の高速バスに合わせて送迎いたします。なお高速バスの時刻変更により、送迎バスの時刻も変更になる場合がございますので予めご了承ください。

ツアー申込

1名様より予約可能

峩々温泉 峩々温泉

出発日:2017年10月1日〜2018年3月31日

ページの先頭へ