農家の湯治場として始まった鷹の湯温泉は、現在は快適な湯宿に姿を変え、関東、関西からの客も多いという。内湯、露天、河原湯、足湯、と多彩な湯殿が湯客を楽しませてくれる。 源泉は河原にある。どの湯殿にもこの源泉を引き、木風呂、岩風呂、それぞれの保温力に合わせてきめ細かく温度管理をしている。加水する水も、川の対岸から伏流水を引いている。飲み水も料理の水も、この水を使っている。

ここを訪れたら、やはり役内川にせり出した河原湯に入ろう。自然が四季折々の表情を見せ、忘れられない思い出となるはずだ。

鷹の湯温泉の湯守

湯守 イメージ

小山田光太郎さん

源泉場が広いので、湯が空気に触れる面積が大きいんです。
それを何とかしないと、と思案しています。
今は雪釣の縄の密度を濃くしたものを考えています。

大浴場 イメージ

温度と深さの異なる大浴場の3つの湯船は秋田杉で造られている

女性専用露天風呂 イメージ

少し高い位置から河原を望む女性専用露天風呂。10月半ば頃から、渓谷の紅葉が見頃を迎える

温泉データ

  • 泉温: 約73度
  • 泉質: ナトリウム-塩化物泉
  • 効能: 切傷・やけど・慢性皮膚病(源泉での分析結果による)
  • 湧出量: 不明
  • 風呂: 内湯(大浴場、女湯)・露天(混浴露天、女湯)・河原野天・足湯
加水あり 加温なし 掛流し
  • ※内湯の一部に、温度を下げるため加水あり。
  • ※河原野天は積雪の多い日には使用できないことがあります。

アクセス

アクセス 地図

奥羽本線「横堀駅」より車で約30分。

  • ※横堀駅より送迎あり(迎え15:40、送り9:00、迎えは3日前までに要予約)

ツアー申込

秋の宮温泉郷 鷹の湯温泉

出発日:2017年10月1日〜2018年3月31日

ページの先頭へ