駅たびnet > 旅市(たびいち) > 新潟・信州・北陸エリア > 蔵のまち須坂まちめぐり

旅市 地元発。とれたての感動! 現地発着プラン

新潟・信州・北陸エリア

2名様より

蔵のまち須坂まちめぐり

ガイド付

須坂の町並み

須坂の町並み

風情ある蔵の町をのんびり散歩。
おいしい地酒と和菓子も楽しみ!

信州・須坂は昔ながらの蔵が今も多く残る町。こうした蔵造りの建物は、明治から大正期にかけて製糸業の発展とともに増えたという。懐かしい風景にも癒やされる、蔵の町歩き。散策のあい間には、地元で人気の地酒や和菓子を楽しもう。

パッケージコード/R27785012-60O3

取消料1
◆料金/
5名利用 2,500円
4名利用 2,700円
3名利用 2,900円
2名利用 3,400円
(1名様あたり、おとな・こども同額)
◆設定期間/
2017年4月1日(土)〜9月30日(土)
※除外日:毎週火・木曜日(5/4を除く)
◆集合/
長野電鉄須坂駅改札口(10:20集合)
◆解散/
松屋(12:20頃解散)

ツアー行程表

約2時間(10:20頃〜12:20頃)
  • C :徒歩
  1. ガイド付 長野電鉄須坂駅改札口集合 10:20 C 
  2. コモリ餅店(お茶・お菓子付) C 
  3. 須坂煎餅堂(絵描き煎餅1枚付) C 
  4. 須坂クラシック美術館 C 
  5. 蔵のまち観光交流センター C 
  6. 笠鉾会館 C 
  7. 塩屋醸造(見学) C 
  8. 遠藤酒造場(試飲) C 
  9. 盛進堂(和菓子「栗中華」付) C 
  10. 松屋にて解散(名物「みそすき丼」の昼食) 12:20 頃
  1. コースのポイント1
    地元ガイドと一緒に
    蔵の町を歩こう
    旅市ガイドのイメージ

    須坂の町を案内するのは地元を愛してやまないガイド。「昔ながらの蔵が50軒近くも残っています」と語るのは地元ガイドのひとり、小林義則さん。

  2. コースのポイント2
    餅菓子やおやきが人気!
    須坂の老舗和菓子処へ
    白い和菓子のイメージ

    石臼で挽いた米を使う餅菓子や信州ならではのおやきが人気の「コモリ餅店」。ここでは季節のおすすめ和菓子でちょっとひと息。手づくりのやさしい味にほっこり。

  3. コースのポイント3
    贅をつくした建物も必見
    須坂クラシック美術館
    須坂クラシック美術館のイメージ

    古きよき時代を思わせる建物は明治期に製糸家として活躍した牧新七の屋敷だったもの。古民芸や大正・昭和期の着物など約2,000点のコレクションを収蔵する。

  4. コースのポイント4
    江戸末期創業の酒蔵は
    蔵造りの母屋が見事
    試飲のイメージ

    元治元(1864)年創業の遠藤酒造場は、須坂藩主に酒を献上していた老舗。小さな蔵元だが、地元で評判の銘酒を生む。試飲をしながらお気に入りの1本を探す楽しみも。

  5. コースのポイント5
    昼食のみそすき丼は
    大正浪漫の味?
    みそすき丼のイメージ

    大正時代、生糸の買い付けのため須坂に訪れた商人たちをもてなしたのが、みそすき丼だった。味噌風味の割り下を使ったすき焼き丼は須坂ならではの味。

お申込みの注意事項
  • 料金に含まれるもの/ガイド料、昼食代、入館料、試飲・試食代
  • 料金に含まれないもの/ご自宅から集合(解散)場所までの交通費
  • 所要時間/約2時間(10:20頃〜12:20頃)
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/2名 ※2名様以上でお申し込みください。

 ※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001
営業時間  平日 9:00〜21:00/土休日 10:00〜18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
国内旅行業務取扱管理者 渡辺徳夫

「蔵のまち須坂まちめぐり」のお申込みはこちら ※2名様以上よりお申し込みいただけます。(別ウィンドウが開きます)