駅たびnet > 旅市(たびいち) > 南東北エリア > 港町酒田の屋形船と本間家旧本邸をめぐる

旅市 地元発。とれたての感動! 現地発着プラン

南東北エリア

2名様より

港町酒田の屋形船と本間家旧本邸をめぐる

旅市ガイド付

屋形船のイメージ

屋形船

北前船の中継港であった酒田の歴史を
“庄内ガイドライバー”とたどる。

江戸時代の酒田は、北前船の中継港として日本海や最上川を航行する船が停泊し、その繁栄は目を見張るものがあった。庄内に詳しいタクシードライバーの案内で、江戸時代の武家屋敷をはじめ、酒田の街をめぐる。明治期の蔵など屋形船から見る風景も趣深い。

パッケージコード/R27764004-30(鶴岡).31(湯野浜温泉)O3

取消料1
◆料金/
1名様 8,200円(おとな・こども同額)
◆設定期間/
2017年4月1日(土)〜9月30日(土)
◆集合/
酒田駅改札口(13:10集合)
◆解散/
鶴岡駅(16:00頃)または湯野浜温泉(16:30頃)

ツアー行程表

約3時間20分(13:10頃〜16:30頃)※湯野浜温泉までの場合
  • D :タクシー
  1. 旅市ガイド付 酒田駅改札口集合 13:10 D 
  2. 屋形船みづき D 
  3. 本間家旧本邸 D 
  4. ※1海向寺 D 
  5. 鶴岡駅 16:00頃 ※鶴岡駅利用の方はここで解散。 D 
  6. ※2湯野浜温泉にて解散 16:30頃
  • ※1 海向寺は毎週火曜日休館のため、山王くらぶに変更となります。
  • ※2 湯野浜温泉では各宿泊施設で下車が可能です。
  • ※2・3名様は小型ハイヤー、4〜8名様はジャンボハイヤーでの運行となります。
  1. コースのポイント1
    “庄内ガイドライバー”が
    酒田の見どころを案内
    ガイドライバーのイメージ

    この旅の案内役である“庄内ガイドライバー”とは、観光ともてなしの研修を受け、検定試験に合格した特別なドライバーのこと。北前船の歴史の名残を感じられる酒田の観光スポットを案内してくれる。

  2. コースのポイント2
    屋形船の船上から
    酒田の風情ある街を望む
    屋形船のイメージ

    屋形船で酒田港や新井田川をめぐる。船上からは明治時代に建てられた米蔵「山居倉庫」や、遠くには鳥海山の偉容も見え、爽快な景色を満喫できる。船頭さんのご当地ソングの披露も楽しみのひとつ。

  3. コースのポイント3
    武家と商家の建築様式が融合する本間家旧本邸
    本間家旧本邸のイメージ

    明和5(1768)年に本間家3代光丘が幕府の巡見使宿舎として建造し、庄内藩主酒井家に献上した。平屋建て書院造りの建物は、武家屋敷と商家造りの2つの建築様式が一体となった全国的にも珍しい造り。

  4. コースのポイント4
    2体の即身仏が安置された
    古刹でお参りを
    海向寺のイメージ

    海向寺は、およそ1200年前に空海により開かれたと伝わる古刹。庄内に6体あるといわれる即身仏のうち、湯殿山木食行を行い即身仏に至った忠海上人と円明海上人が祀られている。

お申込みの注意事項
  • 料金に含まれるもの/ガイド料、タクシー代、乗船料、入場料
  • 料金に含まれないもの/食事代、ご自宅から集合(解散)場所までの交通費
  • 所要時間/約3時間20分(13:10頃〜16:30頃)※湯野浜温泉までの場合
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/2名

※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001
営業時間  平日 9:00〜21:00/土休日 10:00〜18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
国内旅行業務取扱管理者 渡辺徳夫