名月の里・姨捨散策

姨捨の棚田のイメージ

姨捨の棚田

平安時代から、歌詠み人の憧れの場所。芭蕉も名句を詠んだ、あの名月の里へ。

古くから多くの和歌に詠まれた名月の里、姨捨(おばすて)。松尾芭蕉は『更級紀行』の旅でこの地を訪れ「おもかげや 姨ひとりなく月の友」の句を残した。棚田の絶景の向こうには、蛇行する千曲川と遠くそびえる北信五岳。千年を超えて人々を魅了する、伝説の里へ。

パッケージコード/R27785017-60 企 3
取消料1 ◆料金/2名利用4,000円、3名利用3,800円、4名利用3,600円(1名様あたり/おとな・こども同額) ◆設定期間/2017年4月1日(土)〜9月29日(金)※除外日:毎週火・水・木曜日と4/23・30、5/14・21・28、6/4・18、7/2・23、8/13・14、9/16・23 ◆集合/姨捨駅改札口(10:05集合) ◆解散/姨捨観光会館(13:30頃解散)※姨捨駅まで徒歩約20分
ツアー行程表
  • コースのポイント1 伝説の里・姨捨を旅市ガイドと歩く

    姨捨山伝説の里として知られる姨捨。駅に降り立てば「日本三大車窓」にも選ばれた善光寺平のパノラマが広がる。旅市ガイドのひとり、亀山正明さんと、いざ姨捨散策へ。

  • コースのポイント2 芭蕉や広重をも魅了した清々しい棚田が目の前に

    姨捨を象徴するのが、この棚田。「田毎(たごと)の月」の名所であり、松尾芭蕉や歌川広重の作品に登場することで一躍有名に。平成11年には全国の棚田で初めて国の名勝に指定された。

  • コースのポイント3 観月の名所・長楽寺が棚田のなかにひっそりと

    天台宗の名刹・長楽寺は、芭蕉の時代から知られた観月の名所。俳諧の聖地ともいわれ、境内には芭蕉翁面影塚ほか、多くの句碑や歌碑が立っている。7〜9月は秘宝の特別公開!

  • コースのポイント4 長楽寺で楽しもう!信州おやき作り体験

    長楽寺では散策のあと、信州の郷土食おやき作り体験を楽しもう。野沢菜やキャベツなど、旬の具材を用意された皮で包む。こんがりと焼いてから蒸すのがポイント。※具材は季節によって変更になる場合があります。

  • コースのポイント5 おやきを蒸すあいだに信州そばの昼食を

    昼食は、棚田を望む見晴らしのいい月見殿で。風味豊かな信州そばのほか、旬の野菜のかき揚げや小鉢なども。姨捨の棚田米の塩むすびはお米の甘みを実感。
    ※料理は季節によって変更になる場合があります。

ページの先頭へ戻る

  • 料金に含まれるもの/ガイド料、昼食代、おやき作り体験料
  • 料金に含まれないもの/ご自宅から集合(解散)場所までの交通費
  • 所要時間/約205分(10:05頃〜13:30頃)
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/2名 ※2名様以上でお申し込みください。
  • ※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001]
営業時間  平日 9:00〜21:00/土休日 10:00〜18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
国内旅行業務取扱管理者 渡辺徳夫