駅たびnet > 旅市(たびいち) > 北東北・函館エリア > 元町エリア朝のスポット散策ツアー

旅市 地元発。とれたての感動! 現地発着プラン

New

北東北・函館エリア

1名様OK

元町エリア朝のスポット散策ツアー

旅市ガイド付

八幡坂のイメージ

八幡坂

どこを切り取っても絵になる港町、
洋館と坂道の函館で、ハイカラ散歩。

眼下に港を望む石畳の坂道、瀟洒な旧イギリス領事館、ブルーグレーとイエローの壁が美しい旧函館区公会堂。異国を感じる町・函館を旅市ガイドの案内で散策したら、かつての豪商の館で昼食をいただき優雅なひとときを。

パッケージコード/R27881022-00O5

取消料1
◆料金/
1名様 4,100円(おとな・こども同額)
◆設定期間/
2018年4月1日(日)〜9月30日(日)
◆集合/
函館駅改札口(9:30集合)
◆解散/
旧相馬邸(13:00頃解散)

ツアー行程表

約3時間30分(9:30頃〜13:00頃)
  • C :徒歩
  1. 旅市ガイド付 函館駅改札口集合 9:30  ― お客様ご自身での移動となります。※1 ― 
  2. 基坂 C 
  3. 旧イギリス領事館(外観)・ペリー広場 C 
  4. 元町公園 C 
  5. 旧函館区公会堂 C 
  6. 船魂神社 C 
  7. 日和坂 C 
  8. 旧相馬邸(見学・アロニア茶付)にて解散※2 13:00頃
  • ※1 函館市電・函館駅前〜末広町電停 おとな210円(こども110円)または「市電1日乗車券(おとな600円、こども300円)」(各自購入)がおすすめです。
  • ※2 昼食は「阿佐利精肉店」のすき焼き弁当を旧相馬邸でお取りいただきます。
  1. コースのポイント1
    港に向かって石畳の
    坂道がのびる函館の街
    基坂のイメージ

    画像提供:(一社)函館国際観光コンベンション協会

    八幡坂、二十間坂など、いくつもの坂が港に向かってのびる風景は函館の大きな特徴。最初に訪れる基坂は、明治期に里数を測る基点となる「里程元標」が立ったことからこの名がついた。

  2. コースのポイント2
    優美な外観が印象的な
    コロニアル様式の洋館
    旧函館区公会堂のイメージ

    基坂の上に立つ函館のシンボル的洋館、旧函館区公会堂。明治43年の建築で、見た目はハイカラだが、細部では和洋の建築意匠が融合していることがわかる。

  3. コースのポイント3
    函館有数の豪商の館
    カフェでアート鑑賞も!
    旧相馬邸のイメージ

    旧函館区公会堂の建設にも私財を投じ、函館の発展に貢献した豪商・相馬哲平の私邸、旧相馬邸。築100年超という歴史ある建物は見どころが豊富。邸内に飾られるシャガールなどのアートも見逃せない!

  4. コースのポイント4
    昼食は地元で人気の
    すき焼き弁当を!
    昼食のすき焼き弁当のイメージ

    明治34年の創業以来、地元で愛される「阿佐利精肉店」。昼食は、すき焼き専門店も営む同店のすき焼き弁当を。精肉店ならではのやわらかな牛肉に甘辛の割り下、老舗の味を堪能しよう。

お申込みの注意事項
  • 料金に含まれるもの/ガイド料、入館料、昼食(弁当)代、アロニア茶代
  • 料金に含まれないもの/ご自宅から集合(解散)場所までの交通費、行程中の交通費
  • 所要時間/約3時間30分(9:30頃〜13:00頃)
  • 日数/日帰り
  • 最少催行人員/1名

※ガイドの指定はできません。

旅行企画・実施

株式会社びゅうトラベルサービス 観光庁長官登録 旅行業第1135号 東京都墨田区錦糸3-2-1

ツアーに関するお問い合わせ・お電話でのお申込

びゅう予約センター:
ナビダイヤル[Tel 0570-04-8928](市内通話料でOK) 携帯電話・PHS・IP・ひかり電話からは [Tel 03-3843-2001
営業時間  平日 9:30〜18:00/土休日 10:00〜18:00(※年末年始休業)

販売:
株式会社びゅうトラベルサービス

東京都墨田区錦糸3-2-1 観光庁長官登録 旅行業第1135号
びゅう予約センター 東京都台東区上野7-1-1
国内旅行業務取扱管理者 渡辺徳夫

「元町エリア朝のスポット散策ツアー」のお申込みはこちら(別ウィンドウが開きます)