旅どきnet > 普通列車グリーン車ご利用案内 > 普通列車グリーン車とは
トップ 普通列車グリーン車 Suicaシステム 普通列車グリーン車使いこなし術 Q&A

普通列車グリーン車とは?

普通列車グリーン車って何?

普通列車グリーン車は、東海道線、横須賀・総武線快速、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、常磐線の普通(快速)列車に連結されています。
普通列車グリーン車に乗車するには、普通列車グリーン券(別料金)が乗車券とは別に必要になります。
また、車両設備が普通車両に比べ快適になっていたり、乗務員(グリーンアテンダント)による車内サービスが充実していたりとお客さまに快適な通勤や旅行をしていただける大変便利なサービスです。

一部、グリーン車の連結がされていない車両があります。
特急・急行・新幹線などのグリーン車とは異なります。
全車自由席(全車禁煙)となります。
グリーン車では、通路やデッキにお立ちの場合でも、普通列車グリーン券が必要になります。満席のため普通車に移られる場合は、車内改札前に乗務員(グリーンアテンダント)にお申し付けください。

普通列車グリーン車(常磐線E531系)
普通列車グリーン車(常磐線E531系)
普通列車グリーン車を利用できる路線図
普通列車グリーン車を利用できる路線図 (拡大図はこちら

普通列車の設備

普通列車グリーン車の車両は、座席間隔が普通車両と比べ広く、リクライニング機構を装備した回転式クロスシートの座席となっており大変快適です。

※一部提供していない普通列車グリーン車もございます。
座席イメージ
座席イメージ
↑このページの先頭へ

普通列車グリーン車の車内サービス

普通列車グリーン車では、グリーンアテンダントが乗務し、Suicaグリーン券以外でご乗車されたお客さまへの車内改札等を行うほか、車内でお飲みものや軽食の販売を行います。

車内が混雑している場合など、車内販売のご注文を承りかねる場合がございます。
普通列車グリーン券の発売・乗り越し精算は行いますが、乗車券の発売・乗り越し精算は行っておりません。
一部の列車および一部の区間では車内サービスを行いません。

  主な車内販売メニュー
グリーンアテンダントイメージ
グリーンアテンダントイメージ
ソフトドリンク アルコール&おつまみ お菓子など
缶コーヒー
(ブラック、ミルク入り加糖)
130円 缶ビール 280円 焼菓子
 
150円
オレンジジュース 180円 缶チューハイ 170円 トッポ 260円
緑茶 150円 さきいか 200円 じゃがりこ 130円
コーラ  140円 ミックスナッツ 300円    
ナチュラルウォーター 130円        

普通列車グリーン車の料金

普通列車グリーン車に乗車するには、乗車券・定期券のほかに、普通列車グリーン券を購入する必要があります。
料金は目的地までの距離別(〜50kmまでと51km以上)と曜日別(平日・土日祝)に加え、車内購入か事前購入かによって分けられています。
2014年4月1日からの発売価格
      事前料金 車内料金
営業キロ 平日 ホリデー 平日 ホリデー
50kmまで 770円 570円 1,030円 830円
51km以上 980円 780円 1,240円 1,040円
【駅で】 事前料金 50km以内で平日の料金 770円 駅と車内では料金差260円 【車内で】 車内料金 50km以内で平日の料金 1,030円
駅の券売機が混み合っていたなどの理由により普通列車グリーン券を持たずにご乗車になった場合でも、車内では車内料金にて発売します。
車内では現金のみの取り扱いとなります。
「モバイルSuica」でお求めの場合(モバイルグリーン料金)は、事前料金と同額です。
普通列車グリーン券は当日1回限り有効です。払戻しは有効期間内にJR東日本の主な駅のみどりの窓口へ。
(Suicaグリーン券の払戻しは、新たにグリーン券をお求めになる前にお申し出ください。)
料金表の「ホリデー」とは土曜・日曜・祝日・振替休日と年末年始(12/29〜1/3) です。
通路やデッキ等にお立ちの場合でも普通列車グリーン券が必要です。満席のため普通車に移られる場合は、車内改札前に業務員(グリーンアテンダント)にお申し付けください。

→普通列車グリーン車の料金について詳しくはこちら

グリーン定期券
グリーン定期券をご利用いただくと、乗車の都度、購入する手間が省け大変便利です。

グリーン定期券のお求め・お問い合わせはJR東日本の主な駅のみどりの窓口へどうぞ。
グリーン定期券では特急・新幹線には乗車することができませんので、ご注意ください。
→みどりの窓口一覧
↑このページの先頭へ
Suicaシステム