Suicaとは 利用可能エリア 購入方法 利用方法 各種手続き

Suica トップ > 利用方法 > 改札機の通り方 > 自動改札機の通り方


利用方法



自動改札機の通り方


Suicaは1枚のみでご利用ください。
パスケースには複数枚のICカードを入れないでください。



自動改札機のご利用方法






1.
icマークのついた読み取り部に、しっかりタッチしてください。

投入口にSuicaを入れないでください。カードが破損する恐れがあります。


タッチ&ゴー〈読み取り部の側面図〉




2.
タッチしていただきますと、音がします。

「ピッ」は、Suica定期券の定期券部分をご利用の場合です。
「ピピッ」は、My Suica(記名式)、Suicaカード、SuicaイオカードまたはSuica定期券の定期券区間外をご利用の場合です。
「ピー」は、定期券の期限切れや入金(チャージ)残額不足などの場合です。
3のディスプレイにてメッセージをご確認ください。
「ピピピピピ」は、うまくSuicaを読み取れない場合です。もう一度、しっかりと読み取り部にタッチをお願いします。




3.
改札機をお通りいただく際に、ディスプレイにメッセージを表示します。

ディスプレイに入金(チャージ)残額を表示します。また、入金(チャージ)残額から運賃を差し引いた場合は、その金額も表示します。
Suica定期券の場合、定期券有効期限の14日前から有効期限を表示します。

お通りいただけない場合も、メッセージを表示します。

乗車時、入金(チャージ)残額が初乗り運賃(IC運賃)に満たない場合は、改札機をご利用いただけません。

メッセージは手前の表示部に表示されます。





ページの先頭へ


ご利用の際の注意


入金(チャージ)を忘れずに




乗車時、入金(チャージ)残額が初乗り運賃( IC運賃)に満たない場合は、改札機をご利用になれません。



下車時、のりこし等で残額が不足した場合は、改札機をご利用になれません。



水平にしっかりタッチ&ゴー


読み取り部の上をSuicaが通りすぎるだけでは反応しない場合があります。読み取り部の上で滑らせたりせず、読み取り部に確実にタッチして処理音を確認してください。



電波を妨げるものと一緒にタッチしない


Suicaは電波によりデータのやり取りを行うため、電波を妨げるもの(金属などの電気を通すもの)がSuicaの近くにあると反応しない場合があります。以下のようなものとは離してお持ちください。



タバコの銀紙、スクラッチカードなどのアルミ箔を使用した紙



コイン・貴金属・鍵などの金属類



ポイントカード等、銀色地に白文字のリライトカード



ほかの非接触式ICカードと一緒にパスケースに入れない


パスケースにSuicaが2枚以上入っていたり、PASMOやSuica機能の付いたクレジットカード類など他の非接触式ICカードが一緒に入っていると、改札機を通ることができません。パスケース等には、複数枚の非接触式ICカードを入れないでください。



シールなどを貼らない


シールやステッカーなどを貼ると、券売機や精算機などに詰まったりカードが破損する原因になることがあります。また、改札機で正しく読み取れないことがありますので、シールやステッカーなどを貼らないでください。




ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company