Suicaとは 利用可能エリア 購入方法 利用方法 各種手続き

Suica トップ > 利用可能エリア > Kitacaエリア(JR北海道)


利用可能エリア



Kitacaエリア(JR北海道)


JR東日本で発行しているSuica(こども用を含みます)の入金(チャージ)残額で、KitacaエリアのJR各線をご利用いただけます。特別な手続きは必要ありません。

東京モノレール、東京臨海高速鉄道(りんかい線)が発行しているSuicaも、Kitacaエリアでご利用になれます。詳しくは、それぞれの発行会社にお問い合わせください。



Kitacaエリアについて、詳しくはJR北海道のホームページをご覧ください。



首都圏エリア、札幌エリア(SAPICAエリア)、仙台エリア、icscaエリア、新潟エリア、Kitacaエリア、TOICAエリア、manacaエリア、ICOCAエリア、PiTaPaエリア、SUGOCAエリア、nimocaエリア、はやかけんエリア、odecaエリアをまたがってご利用になれません。



JR北海道「Kitaca」エリアでご利用になった場合の履歴印字など、Suicaエリアでのお取り扱いと一部異なる場合があります。



JR北海道「Kitaca」エリア内でのご利用に関しては、JR北海道の約款等の定めるところによります。




TOICAエリアでの鉄道利用


改札機の入出場


あらかじめ入金(チャージ)しておくと、Kitacaエリアでもタッチ&ゴーで入出場できます。

乗車時の残額が初乗り運賃に満たない場合は入場できません。

自動券売機・入金機・みどりの窓口での入金(チャージ)


各駅に設置されているKitacaマークやicマーク等のついた自動券売機・入金機・Kitacaエリア内のみどりの窓口において、Suicaに現金で入金(チャージ)ができます。

自動券売機でのきっぷ購入


各駅に設置されているKitacaマークやicマーク等のついた自動券売機において、Suicaの入金(チャージ)残額を使って、きっぷを購入できます。

乗り越し精算


降車時にSuicaの残額が不足する場合には、各駅に設置されているKitacaマークやicマーク等のついた入金機において、Suicaへの入金(チャージ)ができるほか、窓口において現金等による精算ができます。

自動券売機での履歴表示・印字


各駅に設置されているKitacaマークやicマーク等のついた自動券売機において、履歴表示および印字ができます。

直近のご利用分、最大20件まで行います。
Kitacaエリアでは、Suicaエリアでのご利用分の駅名が「事業者名」等で表示・印字されます。
Suicaエリアでは、Kitacaエリアでのご利用分の駅名が「JR北海道」と表示・印字されます。Kitacaエリアでご利用いただいた分の詳細な履歴をお求めの場合は、Kitacaエリアで印字いただくようお願いいたします。
Suicaエリアでは、Kitacaエリアで印字した履歴も含め、直近のご利用分を最大50件(26週以内のご利用)まで、1回に限り印字することができます。


ページの先頭へ



TOICAエリアで利用できないサービス




Suicaの発売/払いもどし



障害時や紛失時の再発行手続きおよび再発行





「Kitaca」に関する詳しいご案内は、JR北海道のホームページをご覧ください。




ページの先頭へ



ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company