1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. CSRの取組み
  5. 地域再発見プロジェクト
  6. 特集:小岩井農場について
  7. 歴史と事業について

それは、日本のたからもの。地域再発見プロジェクト

特集 小岩井農場について

小岩井農場の歴史と事業について

小岩井農場のみどころ

小岩井農場の歴史

小岩井農場の創業三氏

日本鉄道副社長 小野義眞

三菱社社長 岩崎彌之助

鉄道庁長官 井上勝

荒野から始まった小岩井農場の物語〜土壌改良から山林の形成まで〜
小岩井農場は1891(明治24)年の開設。共同創始者である小野義眞(日本鉄道副社長)、岩崎彌之助(三菱社社長)、井上勝(鉄道庁長官)の三名の頭文字をとって「小岩井」と命名されました。
開設当時の小岩井農場は不毛の原野。圃場をつくり、植林を行い、施設を整え・・・その後、基盤整備に数十年を要しました。
明治生まれの小岩井ブランドの乳製品〜畜産振興をめざすブリーダーとしてスタート〜
1899(明治32)年からは、畜産を軸とした経営に移行します。海外から輸入した優良種畜をもとに牛・馬等の種畜の生産供給(ブリーダー)事業を開始、酪農事業にも取組み、我が国の乳用種牛の改良と乳業事業の発展に貢献しました。
農林畜産業を基幹として時代に応じた多角的展開
1938(昭和13)年からは小岩井農牧株式会社を設立、農場はその事業所となりました。
第二次世界大戦後、GHQの占領政策のため、農場用地を約1,000ヘクタール解放し、当時、経営的にも重要な柱であった育馬(サラブレッドの生産)事業を廃止しました。
この経営的打撃は、後に多くの事業に挑戦するきっかけとなり、昭和30年代には種鶏事業を本格化します。昭和40年代には観光事業・環境緑化事業などを開始しました。
基本は「環境保全・持続型・循環型」の運営
農業政策の転換、経済の国際化等著しい変遷の中でも、小岩井農場は一貫して農林畜産業を基軸とした運営を継続し、不毛の原野は百年を越す歴史の中で生産性の高い緑の大地に変わりました。
この心潤す豊かな大地を「環境保全・持続型・循環型」運営により、生産農場として更に維持充実させてゆきます。そして、ここを原点として長年培われてきた技術を更に磨き、「安全・安心・素性明らかプラス質の高さ」を全ての基礎に、生み出す商品・サービス・情報などを通して社会に貢献して参ります。

小岩井農場の事業内容

農林畜産業を基軸に時代の要請に挑戦 乳加工・販売事業 種鶏事業 たまご事業 山林事業 環境緑化事業 観光事業 品質保証 環境対応 技術支援 酪農事業

主な事業の取り組みについて

酪農事業

酪農事業

環境保全・持続型・循環型による土づくり・草づくりから一貫して育てた「安全・安心・素性明らか」で健康な牛から質の高い牛乳を生産しています。乳牛の健康のため、農場で生産した牧草を主体に、ストレスを与えない飼い方を心掛けています。また、安全安心な生乳生産のため、搾乳牛となる仔牛の保育段階から健康管理を徹底、予防的な抗生物質の投与を行わない等、健康な乳牛を育てています。

山林事業

山林事業

不毛の原野に木を植え始めて一世紀。小岩井農場内の約2,000ヘクタールの森を長期にわたり健全に育成することで、広漠たる原野に、植林を開始して百有余年、岩手山南麓の厳しい気候にあわせた独自の施業で、鬱蒼たる森林が形作られました。現在は木を植えてから最終的に伐採するまでの期間を百年とし、様々な木材需要に応えるべく、優良材の供給を続けると共に、水源涵養機能・二酸化炭素の吸収固定などの公益的な機能も高めながら、持続可能な森林経営に取り組んでいます。

観光事業

観光事業

小岩井農場の中央部、岩手山を望む約40ヘクタールを観光エリア「まきば園」とし、四季折々の牧歌的なやすらぎや楽しみをご提供している他、小岩井農場全体を活用し、自然観察や自然体験、歴史と文化、畜産と山林などの生産農場の魅力と営みにふれる参加型のプログラムを展開しています。

小岩井農場のみどころ

  • 2014 ガイド付きツアー 小岩井農場物語
  • 小岩井農場 エキュート東京
  • 小岩井農場 オンラインショップ

ページの先頭へ