1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. CSRの取組み
  5. 究極の安全を目指して

究極の安全を目指して

新幹線運転士訓練用シミュレータ

 当社は、会社発足以来、安全を経営の最重要課題として、過去5回の安全5ヵ年計画を実施してきました。

 現在は、2014年度に策定した6回目の安全5ヵ年計画として「グループ安全計画2018 〜 一人ひとりが力を伸ばし、チームワークで創る安全 〜」を実践しています。鉄道に携わる一人ひとりが安全レベルの向上に取り組み、グループ全体で「究極の安全」に向けて挑戦していきます。

 グループ安全計画2018では、「部内原因による事故は完封する」等の「目指す方向」を明確にした上で、具体的な施策を展開します。また、「着実な技術の継承」「事故の恐ろしさを深く学ぶ取組み」等、安全を担う人材育成を推進し、安全マネジメント体制のブラッシュアップを目指します。

 なお、5年間の安全に関わる投資額は約1兆円を見込んでいます。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

ページの先頭へ