C61 20C61 20

デビュー年:
1949年/
運行区間:
上越線、信越本線など

C61形蒸気機関車は、戦後の旅客輸送需要の急増に対応するために、余剰のD51形のボイラや部品を活用し、C57形の足回りをベースに製造された大型旅客用機関車です。車軸の配列は、「ハドソン」と呼ばれる2C2型(先輪2軸+動輪3軸(C)+従輪2軸)で、日本ではC61形で初めて採用されました。 C61形は1947年(昭和22年)から1949年(昭和24年)にかけて33両が製造され、このうち、「C61 20」は、東北本線、常磐線、奥羽本線を中心に旅客列車として運用され、東北初の特急「はつかり」や寝台特急「はくつる」の仙台-青森間にも使用されていました。その後、「C61 20」は、1973年8月に廃車となり、1974年1月に群馬県伊勢崎市にある華蔵寺公園に搬入され、再組立・整備を経て展示されていましたが、鉄道の産業遺産である蒸気機関車を後世に伝えることを目的とし、2010年(平成22年)から復元工事が開始され、2011年3月に車籍復活を果たしました。復元後は、上越線や信越線を中心にイベント列車として活躍しています。

introduction 列車紹介

C61形蒸気機関車のしくみ

C61の運転台

ナンバープレートの記号

attractiveness 沿線の魅力

D51形のボイラや部品を活用して製造されたC61 20。
信越本線では、めがね橋をはじめとした多くの鉄道遺産を楽しめるほか、古くから中山道 をゆく旅人に親しまれてきた磯部温泉などを楽しむことができます。

高崎〜水上

水上温泉郷

水上温泉郷

利根川の源流に沿うようにして続く路線上の各駅には、水上温泉や谷川温泉をはじめとする、みなかみ温泉郷など数々の温泉が点在しています。

アクセス
JR上越線「水上駅」から徒歩約5分。
たくみの里

たくみの里

約350ヘクタールの農村地帯に、農産物加工や陶芸、わら細工、竹細工など観光客が気軽に農村文化を体験できる工房が点在しています。

アクセス
JR上越線「後閑駅」からタクシー約15分。JR上越新幹線「上毛高原駅」からタクシーで約15分。
吹割の滝

吹割の滝

「東洋のナイアガラ」とも呼ばれる国の天然記念物で、滝の周囲を巡れる遊歩道には3カ所の観瀑台もあり、違う流れの風景が楽しめます。

アクセス
JR上越線「沼田駅」から関越交通バス約40分「吹割の滝」下車後徒歩約10分。(冬期閉鎖)
谷川岳

谷川岳

スキーやロッククライミングなど山岳スポーツが盛んな、日本百名山の一山です。断崖絶壁と木々が織りなす景色は、まさに絶景です。

アクセス
JR上越線「土合駅」から関越交通バスで約20分、「谷川岳ロープウェイ駅」で下車。
谷川岳ロープウェイ「士合谷駅」からロープウェイ乗車。

高崎〜横川

碓氷峠鉄道文化むら

碓氷峠鉄道文化むら

機関車などの野外展示、トロッコ列車の運行や列車の運転体験がある碓氷峠鉄道文化むらをはじめ、沿線では多くの鉄道遺産を楽しめます。

アクセス
JR信越本線「横川駅」隣接。
めがね橋(碓氷第三橋梁)

めがね橋(碓氷第三橋梁)

沿線の名所の一つで、碓氷川にかかるレンガ作りのアーチ型の橋です。横川〜軽井沢間がアプト式鉄道だった時代に使われたものです。

アクセス
JR信越本線「横川駅」から車約10分、横川駅〜軽井沢間で、碓氷峠の名所アクセス路線バスの運行あり(季節限定)。
磯部温泉

磯部温泉

古くから中山道をゆく旅人に親しまれてきた、碓氷川のほとりの温泉です。温泉マークの発祥の地として知られ、「磯部せんべい」が名物です。

アクセス
JR信越本線「磯部駅」下車。
アプトの道

アプトの道

アプト式鉄道の廃線敷を活用した遊歩道で、ルート上には、碓氷第一トンネルやめがね橋など、明治時代の鉄道遺産が続いています。

アクセス
JR信越本線「横川駅」からすぐ。

マップからさがす

ページの先頭へ