プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
 
2002年2月15日
 

東京駅及び周辺の整備計画について
《丸の内駅舎保存・復元、八重洲開発計画、駅前広場整備》

 
 
【参考】
東京駅(丸の内駅舎)概要等
・建設経緯
 
明治41年 駅舎工事に着手(辰野金吾工学博士設計)
大正  3年 駅舎開業
大正12年 関東大震災に遭うが大きな被害なし
昭和20年 空襲によりドーム部分および本屋3階部分を焼失
昭和22年 2階建で修復(現在に至る)

・建物概要(創建時)
 
正面長さ  335.0m
高さ 最高高さ  46.1m(現在は30.0m)
ドーム部高さ  37.6m(現在は30.0m)
奥行き 一般部  22.0m
延べ床面積 約23,900m2(現在は約20,300m2
構 造 鉄骨煉瓦造(壁式)3階建(現在は2階建一部3階建)
・保存・復元の完成予定時期:2010年度末目途
・丸の内広場の完成予定時期:2010年度末目途
八重洲開発計画概要
 
共同事業者(予定)
JR東日本、三井不動産・国際観光会館、鹿島八重洲開発、日石三菱・八重州オートサービス
敷地:約2.0万m2(共同事業者用地全体)
延床面積:約34万m2(容積対象面積 約31.5万m2
主要用途:オフィス、SC(百貨店)、駅業務施設、駐車場
事業手法:総合設計制度、特例容積率適用区域制度
完成予定時期
北側計画ビル(1期)・南側計画ビル
北側計画ビル(2期)
:2007年度末目途
:2010年度末目途
 


<< BACK

 
 
本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company