プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成11年9月24日


I.新幹線


1. 山形新幹線山形〜新庄間開業

山形新幹線「つばさ」を新庄まで延長し、東京からの直通輸送サービスを開始します。同時に、大規模無料駐車場の整備によるパーク&ライドにより、自動車からの乗り継ぎを便利にします。さらに新庄から庄内地区等へのアクセスも便利にします。
運転本数は東京〜新庄間8往復、山形〜新庄間1往復です。
 
最速達列車を下り1本(東京発新庄行)運転し、東京〜新庄間を3時間05分で結びます

開業前の特急「こまくさ」乗り継ぎと比較して、38分短縮します。その他の列車は、山形〜新庄間停車タイプとします。
 
東京〜新庄間の全列車の平均到達時間は、3時間25分で開業前と比較して、29分短縮します
 
山形〜新庄間の途中停車駅は

「天童」「さくらんぼ東根」「村山」「大石田」

※「さくらんぼ東根」は新設、「村山」は現在の「楯岡」駅
 
陸羽東・西線に新型車両を投入するとともに、新庄からのアクセスを便利にします

○陸羽東線・・・ 新型気動車(キハ110系8両)を投入し、新庄〜鳴子温泉間で到達時間を9分短縮します。
○陸羽西線・・・ 新型気動車(キハ110系3両)及び新型の回転式眺望座席車(3両)を投入し、新庄〜酒田間で到達時間を8分短縮します。
 
山形新幹線「つばさ」の列車時刻と停車駅パターン
 
山形新幹線「つばさ」特急料金




2. 秋田新幹線「こまち」全列車275km/h運転

東京〜秋田間は現在14往復中、10往復が275km/h運転のE2系「やまびこ」と併結して運転していますが、残りの4往復もE2系と併結し、到達時 間を14分短縮します。
これにより、「こまち」全列車の平均到達時間は、
東京〜秋田間4時間08分が4時間03分となり、5分短縮します。




3. 新幹線の「曜日運転列車」

決まった曜日(金曜・土曜・日曜日運転)に年間を通して運転します。特に長野新幹線は週末に運転する列車を増発します。


在来線

BACK
本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company