プレスリリースインデックスへ
JR東日本からのプレスリリースを年度別に掲載しています。(JR東日本広報部)
平成10年1月8日


秋田新幹線「こまち」
6両化と増発のお知らせ


 平成9年3月にデビューした秋田新幹線「こまち」は、開業以来多くのお客さまにご利用いただき、ご好評をいただいております。
 この間、お客さまからは「指定券がなかなか取れない」「もっと増発できないか」等のご意見を多数いただいておりますことから、平成10年秋を目標に秋田新幹線「こまち」の編成長増発と増発を計画しておりますのでお知らせいたします。

編成を6両に増強します
 現在の5両編成に、普通車を1両(68席)増やし6両編成(定員338席)とします。 これにより、編成定員では25%増、内容は普通車指定席が50%増となります。

増発し毎日15往復運転します
 現在の14往復(1往復は仙台〜秋田)から、東京〜秋田間に1往復増発し15往復とします。編成の6両化と合わせると、現在よりも一日の定員では約35%増、特に普通車指定席は約65%増となります。


【秋田新幹線「こまち」の増強内訳】
  1編成あたり(比較) 1日あたり:往復(比較) 増加席数
指定席 127→195席(+54%) 3,556→5,850席(+65%) 2,294席
自由席 120 3,360→3,600(+7%) 240
グリーン席 23 644→690(+7%) 46
270→338席(+25%) 7,560→10,140席(+34%) 2,580席

なお、これに合わせて「こまち」と東京〜盛岡間併結運転しているスーパータイプ「やまびこ」編成(E2系)も増やすことを予定しており、座席数だけでなく所要時間も全体的に短縮することを計画しています。どうぞご期待ください。

本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company