• フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

長野県「戸隠篇」

ロケ地:長野県長野市戸隠

長野県戸隠神社の奥社へと続く参道には、樹齢約400年を超える杉並木が続き、神々しい空気を漂わせています。歩くだけでも不思議とパワーが湧いてくる。

今回のCMでは、吉永さんがそんな神秘的な雰囲気をもつ戸隠古道を歩く旅をします。

長野県「戸隠篇」イメージ

撮影場所のご案内

撮影地となる戸隠神社は、霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社(ちゅうしゃ)・宝光社(ほうこうしゃ)・九頭龍社(くずりゅうしゃ)・火之御子社(ひのみこしゃ)の五社からなる、創建以来二千年余りにおよぶ歴史を刻む神社です。

奥社参道は約2キロ、中程には萱葺きの赤い随神門(ずいじんもん)があり、その先は天然記念物にも指定されている、樹齢約400年を超える杉並木が続き、神々しい空気を漂わせています。

森の中にたたずむ鏡池は、水面に戸隠連峰の四季それぞれの表情を映します。新緑、涼風の夏、錦織りなす山影と湖面のコントラストが美しく、秋はとりわけ紅葉と戸隠山のコントラストが見事です。

戸隠神社へ詣でる信者への振るまい料理として、古くからそばの食文化が伝わってきた戸隠。中社、宝光社周辺には30数件が味を競うそば店があり、宿ごと、家ごとにそば打ち名人がいるのも、戸隠らしさのひとつです。山の澄んだ伏流水(ふくりゅうすい)を使うため、喉ごしと風味が生きています。

長野県長野市戸隠の地図

※図の中の赤点線の道は参拝古道です。

  • 戸隠神社 鏡池の写真

    「戸隠神社 鏡池」

  • 戸隠神社 奥社参道杉並木の写真

    「戸隠神社
    奥社参道杉並木」

  • 第三千曲川橋梁(長野駅〜上田駅)の写真

    「第三千曲川橋梁
    (長野駅〜上田駅)」

戸隠神社までのアクセス

出発

北陸新幹線

到着

戸隠神社・奥社入り口まで

バスで約1時間、バス停「奥社」で下車

または、レンタカーで約45分

奥社入り口より

随神門まで徒歩約20分、奥社まで徒歩約40分

関連情報

撮影風景

戸隠神社 奥社参道杉並木の写真

「戸隠神社 奥社参道杉並木」で撮影

あの天岩戸神話の神々を祀る戸隠神社。近頃では雑誌などでパワースポットとして取り上げられ、若い女性も数多く訪れる場所となっています。

今回のロケで一番の問題だったのは「雪」。オンエアは秋ですが、撮影したのは5月だったため、地元の方々にもご協力いただき、懸命な雪かきによってなんとかロケに間に合わせることができました。

神秘的な道を歩き、吉永さんが晴れやかな表情で空を見上げるシーンは、大型のクレーンを使って撮影。元気をもらった吉永さんを、ダイナミックな映像で印象的に表現することができました。差し入れの戸隠そばもおいしくいただき、スタッフまで元気をいただいた撮影でした。

2015年3月20日現在