• 現在位置の中にある
  • CM情報の中にある
  • 福島県「白水阿弥陀堂編」
  • フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

福島県「白水阿弥陀堂篇」

ロケ地:福島県・白水阿弥陀堂

2011年の震災で被害を受けた、福島県いわき市にある国宝「白水阿弥陀堂」。市民の協力により震災後約半年で修復され、復興のシンボルとして市民に愛されています。

このTVCMのギャラリーを見る

福島県「白水阿弥陀堂篇」イメージ

撮影場所のご案内

今回の撮影の舞台は、福島県いわき市の白水阿弥陀堂。平安時代末期に建立された阿弥陀堂は、東西南を池に、さらに北東西を山に囲まれた浄土式庭園の形式をとっており、平泉の寺院に影響を受けた構造と言われています。初夏には阿弥陀堂周囲の池に古代ハスが咲き、まさに極楽浄土の美しさになっています。

  • 白水阿弥陀堂
  • 白水阿弥陀堂
  • 白水阿弥陀堂

白水阿弥陀堂へのアクセス

出発

常磐線(上野東京ライン)※上野駅で乗り換えとなる場合もあります

到着

常磐線

到着

湯本駅よりタクシー(約15分)または
いわき駅より新常磐交通「川平行き」バス「あみだ堂」バス停

関連情報

拝観時間/
8時30分〜16時(受付終了は15分前となります)
拝観料/
大人400円、子供(小学生)250円
定休日/
毎月第4水曜日

撮影風景

白水阿弥陀堂にて撮影
白水阿弥陀堂にて撮影
白水阿弥陀堂にて撮影

福島県いわき市にある国宝「白水阿弥陀堂」。震災では仏像にひびが入る被害をうけたものの、約半年で修復され、復興のシンボルとして市民に愛されています。
住職と地元の有志の方々によってライトアップの取り組みをされていて、今回のCMに出演していただきました。皆さんの素敵な姿が印象的でした。
吉永さんが復興に前向きに取り組むいわき市を訪れ、元気をもらう旅を描いています。
是非この機会に、足を運んでみてはいかがでしょうか。