• 現在位置の中にある
  • CM情報の中にある
  • 新潟県「佐渡の能篇」
  • フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

新潟県「佐渡の能篇」

ロケ地:新潟県・佐渡島

今回のCMの舞台は、現在も30以上もの能舞台が残るほど「能」が盛んな島、新潟県佐渡島。

大人から子供まで身近な娯楽として楽しむこの芸術を、吉永さんも一緒に味わいながら、能の大成者“世阿弥”の心に触れる旅をします。

このTVCMのギャラリーを見る

新潟県「佐渡の能篇」イメージ

撮影場所のご案内

撮影地は、新潟県佐渡島。

奈良の長谷寺を模して建立されたといわれている長谷寺(ちょうこくじ)には、平安期の十一面観音立像三体(重要文化財)があり、33年毎(次回は2034年)に開帳されています。大膳神社では年に数回薪能が催され、茅葺き屋根の能舞台は江戸末期の建築で佐渡では最古の能舞台といわれています。

新潟県佐渡島の地図
  • 長谷寺(ちょうこくじ)の写真

    「長谷寺(ちょうこくじ)」

  • 大膳神社の写真

    「大膳神社」

  • 上越新幹線「浦佐駅」〜「越後湯沢駅」間の写真

    上越新幹線
    「浦佐駅」〜「越後湯沢駅」間

佐渡(両津港)までのアクセス

出発

上越新幹線

乗換

上越新幹線新潟駅下車、新潟港よりジェットフォイルで約1時間(両津港まで)。

長谷寺(ちょうこくじ)
「両津港」から車で約30分。
大膳神社(だいぜんじんじゃ)
「両津港」から車で約30分。

関連情報

撮影風景

大膳神社の写真

大膳神社

かつて能の大成者、世阿弥が流されたことでも知られる佐渡島。
日本有数の能の島であるこの地が、今回の撮影の舞台でした。

撮影期間中に梅雨入りということもあり、何よりも心配だったのは天気。
これまで吉永さんがご出演される撮影では、雨予報をくつがえす奇跡の晴れを何度も経験しましたが、今回に限っては例外でした。
午前中から夕方にかけてはなんとかもっていた空も、夜になって激しい雨模様に。
それでも吉永さんの好演に助けられ、なんとか映像を撮り終えることができました。

それと、なんといっても有難かったのが能の観客役としてお集りいただいた地元エキストラのみなさん。きびしい雨の中でしたが、あたたかいご協力のおかげで無事撮影ができました。本当に、本当にありがとうございました。