• フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

岩手県「盛岡篇」

ロケ地:岩手県・盛岡

最近では「麺都(麺の都)」として盛り上がる岩手県盛岡市。

今回の旅では、吉永さんが地元の人で賑わう店を訪れ、 名物のじゃじゃ麺とともに、地元の空気を味わいます。

岩手県「盛岡篇」イメージ

撮影場所のご案内

撮影地は岩手県盛岡市。

年間300日間、朝の5時から営業している神子田の朝市。 岩手の新鮮な農作物や生花が安く手に入ることから、市民の台所として地元の人々に親しまれているだけでなく、 観光客にも人気があり賑わっています。

また盛岡のグルメと言えば、忘れてならないものが、じゃじゃ麺。 盛岡のじゃじゃ麺は、盛岡市内でわんこそばと冷麺に並んで、「盛岡三大麺」と呼ばれています。

城下町として栄え、岩手山と清らかな川に囲まれた盛岡。 今回のCMに登場した、明治文化の気品が感じられる赤レンガ造りの岩手銀行中ノ橋支店も見所です。

岩手県盛岡市の地図
  • 白龍の写真

    「白龍」にて

  • じゃじゃ麺の写真

    「じゃじゃ麺」

  • 岩手銀行の写真

    「岩手銀行前」にて

盛岡までのアクセス

出発

東北新幹線

到着

関連情報

撮影風景

神子田朝市の写真

「神子田朝市」にて撮影

岩手銀行前の写真

「岩手銀行前」にて撮影

最近では「麺都(麺の都)」として盛り上がる岩手県盛岡市。

冷麺・わんこそばもいいですが、"じゃじゃ麺"は満州の家庭料理を 日本人用にアレンジしたもので、盛岡市民のソウルフードとなっています。

今回の旅では、吉永さんが地元の人たち勧められて、 地元の人で賑わう店を訪れ、食べ方を教わりながら、 地元の空気まで味わうというもの。 撮影では盛岡の名店「白龍」の絶大なご協力をいただいた上、 お店の常連客の方にまでご出演いただき、じゃじゃ麺と盛岡の魅力を存分に伝えられるCMに仕上げることができました。

スタッフ一同心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。