• フォントサイズ
  • フォントサイズ小
  • フォントサイズ中
  • フォントサイズ大

最上峡「巨木篇」

ロケ地:山形県 最上郡戸沢村「幻想の森」

3年目を迎えた吉永小百合さんの「大人の休日倶楽部」、新しいCMは山形県の最上川流域にある「幻想の森」が舞台です。森でトレッキングを楽しみ、何百年も生きている巨木たちの話し声にそっと耳を傾ける吉永さん。「大人になったら、したいこと。」のテーマのもと、大人だからできる豊かな人生の楽しみ方を描いていきます。

このTVCMのギャラリーを見る

最上峡「巨木篇」イメージ

撮影場所のご案内

撮影地は、山形県最上郡戸沢村の「幻想の森」。最上峡の左岸山中の土湯杉群生地で、樹齢千年前後といわれる天然杉の巨木たちが、まさに幻想的な雰囲気を作り出しています。森の巨人を探しに、ぜひお出かけください。

最上川流域の地図
  • 最上峡ふるさと村の写真

    最上峡ふるさと村

  • 幻想の森の写真

    幻想の森

  • 幻想の森の写真

    幻想の森

幻想の森(土湯杉群生地)
山形新幹線・奥羽本線の新庄駅から、酒田方面に車で約60分(うち林道15分)
最上峡ふるさと村
陸羽西線古口駅から徒歩7分で戸沢藩船番所舟下り乗船所、そこから最上川芭蕉ライン舟下りで30分

関連情報

撮影風景

撮影風景の写真

撮影風景の写真

長い時間をかけた自然の営みを感じさせるからでしょうか、大きな木は心を和ます不思議な力を持っています。幹周り20メートル近い巨木群が馥郁たる大気に満ちる午後、そこにいるだけで清々しい気持ちになってきます。

撮影当日は好天に恵まれ、千年の風雪に耐えた木の肌にそっと吉永さんが頬を寄せるメインカットは計算し尽されたが如き自然の照明効果。天空から差し込む美しく柔らかな木洩れ陽がロケ隊を祝福してくれているようでした。

吉永さんをはじめ、スタッフ一同、光の美しさ、巨木の雄大さにうっとり。巨木には人を惹きつける不思議な力が確かにあるようです。