禁煙・喫煙について


首都圏の全面禁煙エリア、6月1日より拡大に。(クリックすると拡大画像が開きます)

JR東日本では、受動喫煙の防止を望まれるお客さまのご意見や社会における禁煙志向の高まりを受け、受動喫煙の防止に取り組んでまいりました。

駅につきましては、2009年4月および10月に首都圏の一定エリアの駅においてホーム上の喫煙所の撤去を行い、駅構内の全面禁煙を実施しました。また、お客さまからの実施駅拡大の要望を受け、2011年6月1日から駅の全面禁煙を実施するエリアを左図のとおりといたします。

列車につきましては、2007年3月のダイヤ改正からJR東日本の新幹線・特急列車の全面禁煙化を実施し、2009年6月からは会社間を直通する一部の列車についても全面禁煙を実施いたしました。

タバコを吸われるお客さまには、ご不便をおかけすることになりますが、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

喫煙号車がある列車・喫煙ルームがある駅
よくいただくお問い合わせ