1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 建設プロジェクトを支える新技術
  5. 循環型地下水位制御工法(エコリチャージ工法)

建設プロジェクトを支える新技術

循環型地下水位制御工法(エコリチャージ工法)

〜 特許番号 第03506902号 〜

工法概念図のイメージ

システム構成図のイメージ

開発の概要

 本工法は、新しく開発した注水装置と最先端の計測・制御システムによる運転管理により、従来のリチャージ工法では実現できなかった精度で、汲み上げた地下水を安全かつ確実に地下に戻すことができる工法です。
 この工法は、経済性に優れ、地下水環境への影響範囲を制御できることがメリットであり、地下水の湧出が予想される地下工事だけでなく、地下水利用に伴う地盤沈下対策としての活用も可能です。

※エコリチャージは、エコノミー、エコロジーの“エコ”を取って略称としています。

開発の効果

  • 地下水低下と井戸枯れ防止・地盤沈下防止を両立させることができます。
  • 汲み上げた地下水をすべて地下に還流することができ、排水処理が不要です。
  • 注水井戸の効率が高く、従来よりも小口径の井戸で復水できます。
  • 従来工法に比べて工期・工事費を約30%低減可能です。

共同開発者

鉄建建設株式会社

施工実績

  • 中央線甲府〜竜王間竜王こ道橋新設
  • 信越本線新潟駅付近連続立体交差化
  • 横須賀線品川・西大井間住吉こ道橋新設

ページの先頭へ