1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 建設プロジェクトを支える新技術
  5. 弾性バラスト軌道

建設プロジェクトを支える新技術

弾性バラスト軌道

〜 特許番号 第2622492号 〜

開発前:現状の有道床バラスト軌道開発前のイメージ
開発前:スラブ軌道開発前のイメージ
開発後のイメージ
弾性バラスト軌道敷設状況の写真

開発の概要

 騒音・振動などが問題となる都市部高架橋上の軌道構造において、低コストで低騒音・低振動、かつメンテナンスフリーを目指した、新たな軌道構造です。

開発の効果

  • 従来のバラスト軌道と同等、またはそれ以上の吸音効果・制振効果が得られます。
  • 軌道狂いが少なく、大幅に省力化が可能となります。
  • 建設コストはスラブ軌道に比べ30%程度減少します。

施工実績

  • 赤羽駅付近高架化
  • 中央線東京駅
  • 仙石線榴ヶ岡〜陸前原ノ町
  • 常磐線南千住〜北千住
  • 西武池袋線中村橋・富士見台
  • 武蔵野線南越谷〜吉川間高架化
  • 南武線稲城長沼駅付近連続立体交差化
  • 東北本線長町駅付近高架化
  • 中央線三鷹〜立川間連続立体交差化
  • 横須賀線武蔵小杉駅設置
  • 東北本線浦和駅付近高架化
  • (日豊本線)大分駅付近連続立体交差化
  • 信越線新潟駅付近連続立体交差化
  • 仙石線鉄道施設復旧(陸前大塚〜陸前小野間)
  • 常磐線復旧(相馬〜浜吉田間線路移設)

ページの先頭へ