モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > 利用方法 > SF(電子マネー) > 入金(チャージ) > 銀行チャージ


利用方法



入金(チャージ)


入金(チャージ)トップに戻る



銀行チャージ


モバイルSuicaの入金(チャージ)を、銀行口座により行います。



取扱対象となる銀行口座があり、モバイルバンキングの契約手続きが済んでいることが必要です。
「みずほ銀行」「三菱東京UFJ銀行」「じぶん銀行」の3行が対象です。
各銀行のサービス状況は、以下の表をご確認ください。
  docomo KDDI Softbank ワイモバイル その他
 みずほ銀行  ケータイ - -
 スマート
 フォン
 三菱東京UFJ銀行  ケータイ
(※1)

(※1)

(※1)
- -
 スマート
 フォン
 じぶん銀行  ケータイ - -
 スマート
 フォン



(※1) 平成28年6月11日(土)までにモバイルバンキングの初回登録が完了している方のみ、乱数表での利用が可能です。
利用に際しては、各銀行に対しての「モバイルバンキングのご利用に伴う手数料」がかかります。



モバイルSuica銀行チャージサービス概要


銀行名 ご利用条件 サービス提供期間 手数料
みずほ銀行
みずほ銀行の口座保有
「みずほダイレクト」の契約
以下の時間帯を除き、いつでも利用可能。
【利用できない時間】
毎日2:00〜4:00/毎週土曜日22:00〜翌日曜日8:00/毎週月曜日0:00〜6:00/第1、第4土曜日3:00〜5:00
別途手数料がかかります。(*1)
三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行の口座保有
「三菱東京UFJダイレクト」の契約
以下の時間帯を除き、いつでも利用可能。
【利用できない時間】
毎日2:00〜4:00/毎週月曜日0:00〜6:00/第2土曜日21:00〜翌朝7:00
別途手数料がかかります。
じぶん銀行
じぶん銀行の口座保有
以下の時間帯を除き、いつでも利用可能。
【利用できない時間】
毎日2:00〜4:00/第2土曜日21:00〜翌朝7:00
(ケータイの場合 毎週月曜日0:00〜6:00)
無料(*2)

(*1) みずほマイレージクラブご契約のお客さまは、お取引状況に応じてチャージ(振込)手数料が無料になります。
(*2) 手数料が変更となる場合は事前に、じぶん銀行ウェブサイトでお知らせいたします。

銀行チャージの操作手順


銀行チャージの操作手順1 > 銀行チャージの操作手順2 > 銀行チャージの操作手順3
1.トップメニューから「2.SF電子マネー」を選択します。 2.「1.入金(チャージ)」を選択します。 3.入金(チャージ)額を入力します。
銀行チャージの操作手順4 > 銀行チャージの操作手順5 > 銀行チャージの操作手順6
4.入金額を確認後、「2.入金する(銀行口座)」を選択します。 5.取扱い対象銀行の中から、契約口座がある銀行を選択します。 6.各銀行のサイトへのアクセスを確認します。
銀行チャージの操作手順7 > 銀行チャージの操作手順8 > 銀行チャージの操作手順9
7.各銀行のモバイルバンキング画面に移動後、ログインします。 8.SF(電子マネー)に入金(チャージ)する金額を口座から資金移動処理し、モバイルSuicaの画面に戻ります。 9.資金移動処理した金額が、受取可能な状態になっていることを確認し、「1.入金(チャージ)する」を選択します。
銀行チャージの操作手順10 > 銀行チャージの操作手順11 >
10.入金(チャージ)の処理には、20秒〜60秒かかります。 11.SF(電子マネー)としての入金(チャージ)が完了します。


ページの先頭へ


ご注意




銀行口座から資金移動された金額を、再度銀行口座へ戻すことはできません。



銀行口座からの資金移動中でエラーが発生した場合は、必ず「Suicaポケット一覧」で、資金移動処理の「完了/未完了」を確認してください。



各銀行のモバイルバンキングで、メンテナンスなどの都合により営業時間を変更する場合があります。



ご利用に伴い、口座からの資金移動金額とは別に、各銀行に対して「モバイルバンキングのご利用に伴う手数料」が必要です。
  詳細は各銀行にご確認ください。



銀行口座から資金移動した金額を分割してモバイルSuicaに入金(チャージ)することはできません。



パソコンではご利用になれません。





すぐにSuicaポケットから受け取らない場合はこちら

入金(チャージ)トップに戻る



ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company