モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > 利用方法 > 定期券 > 区間の変更(パターン1)


利用方法



定期券の区間の変更


現在の定期券(旧定期券)と新たに使用する定期券(新定期券)の組み合わせにより、定期券の区間変更手続きが異なります。



パターン1 モバイルSuicaの定期券相互の変更


モバイルSuicaの定期券からモバイルSuicaの定期券への変更は、次の操作フローに従って操作することで、携帯情報端末からの手続きだけで完了できます。なお、変更前の旧定期券に対する払いもどし額は、クレジットカードの口座への入金となります。カードタイプのSuicaから切り替えた定期券などの場合は、ご指定いただいた金融機関口座への振込となる場合があります。

定期券の払いもどし額の計算方法についてはこちらをご覧ください。

携帯情報端末での区間変更手順


携帯情報端末での区間変更手順1 > 携帯情報端末での区間変更手順2 > 携帯情報端末での区間変更手順3
1.トップメニューから「3.定期券購入・変更・払戻」を選択します。
Androidスマートフォンの方はトップ画面の「チケット購入」タブより「定期券」を選択します。
2.「3.区間変更」を選択します。 3.注意事項を確認のうえ「1.次へ」を選択します。
携帯情報端末での区間変更手順4 > 携帯情報端末での区間変更手順5 > 携帯情報端末での区間変更手順6
4.「乗車駅」「降車駅」「経由駅」の文字をそれぞれ1文字以上入力して検索します。 5.検索結果の候補から「乗車駅」「降車駅」「経由駅」を選び、「次へ」を選択します。 6.表示された経路候補の中から、希望する経路を選択します。
携帯情報端末での区間変更手順7 > 携帯情報端末での区間変更手順8 > 携帯情報端末での区間変更手順9
7.「使用開始日」(操作当日から14日後までの間で選択可能)と「期間」(1・3・6ヶ月のいずれか)を選び、「確認する」を選択します。 8.変更後の定期券内容を確認のうえ、「1.次へ」を選択します。 9.変更前後両方の処理内容に間違いがなければ「変更する」を選択します。(この後、20〜60秒の処理時間がかかります)
携帯情報端末での区間変更手順10
10.定期券の区間変更が完了します。


ページの先頭へ


ご注意




通学定期券、「定期券利用区間」と「グリーン車利用区間」が異なるグリーン定期券、二区間にわたる定期券、新幹線定期券(FREX・FREXパル)の区間変更は、携帯情報端末から操作できません。希望する場合は、モバイルSuicaコールセンターへお電話で申し込みください。



変更すると現在の定期券は払いもどしされ、新しい定期券の使用開始日まで使用できなくなりますので、ご注意ください。



区間変更後の定期券の利用開始日は、区間変更操作日より14日以内であることが必要です。






ページの先頭へ




ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company