モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > 利用方法 > 定期券 > 区間の変更(パターン2)


利用方法



定期券の区間の変更


現在の定期券(旧定期券)と新たに使用する定期券(新定期券)の組み合わせにより、定期券の区間変更手続きが異なります。



パターン2 モバイルSuicaの定期券からモバイルSuica以外の定期券への変更


新しい定期券を駅の窓口などで購入した後、必要書類や定期券面の写しをモバイルSuicaコールセンターへご郵送ください(郵送料はお客さま負担となります)。旧定期券の払いもどしをします。

定期券の払いもどし額の計算方法についてはこちらをご覧ください。



例) Suica利用可能エリア外へ変更する場合など。



区間変更手順


区間変更手順2 > 区間変更手順4
1.新定期券を駅の窓口などで購入します。購入後、パソコンのモバイルSuica「会員メニュー」で、「定期券払いもどし申込書」を選択します。 2.申込書を印刷し、必要事項を記入のうえ、新定期券の券面の写しとともに、モバイルSuicaコールセンターへ郵送します。
郵送先:〒330-9567 JR東日本 モバイルSuica コールセンター 宛
(住所は記入不要です)

郵送期限は、「新定期券の購入日を含め、7日以内の消印日まで」となります。
3.モバイルSuicaコールセンターで、郵送された書類を確認のうえ、お客さまにお知らせをします。 ※ 払いもどし起算日は原則として、新定期券購入日となります。
お知らせを受けたら、携帯情報端末を操作して旧定期券の払いもどし手続きをします。具体的な操作手順は払いもどしをご覧ください。


ページの先頭へ


ご注意




定期券面の写しは、文字の判読が可能な鮮明なものをお送りください。写しや申込書の内容が不十分な場合、申込まれた払いもどしを取扱いできないことがあります。



申込書の印刷ができる環境のない方は、モバイルSuicaコールセンターへお電話ください。



旧定期券でご利用いただいている「JR線−連絡会社線」をJR線を含まない「連絡会社線単独」へ変更される際の払いもどしについては、モバイルSuicaコールセンターへお問い合わせください。






ページの先頭へ




ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company