モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > 各種手続き > アプリのバージョンアップ


各種手続き



アプリのバージョンアップ


モバイルSuicaをログインした際に、「アプリバージョンアップ」「更新する」というご案内画面が表示された際には、画面に表示される手順に沿って操作を行なってください。なお、アプリのバージョンアップに関しましては、ご利用の機種に応じて操作方法が異なります。各機種の操作方法をご確認ください。

Android端末でモバイルSuicaをご利用のお客さま
2017年2月13日(月)より、モバイルSuicaアプリのバージョンアップを行います。

「Google Playストア」をご利用いただける機種

モバイルSuicaアプリのログイン時にデータ更新画面が表示されますので、「更新する」を選択してください。

「Playストア」アプリからもバージョンアップを行うことができます。

  • 「Playストア」アプリからのバージョンアップ手順(例)
  • 1. 「Playストア」アプリを起動
  • 2. 画面左上の三本線マーク「≡」をタップ
  • 3. 「マイアプリ&ゲーム」をタップ
  • 4. モバイルSuicaアプリ右側の「更新」をタップ
  • ※「Playストア」アプリ起動時に「 Playストア」アプリ自体が更新される場合があります。その場合は「Playストア」アプリが更新されてから「モバイルSuica」アプリの更新を行ってください。
  • ※「Playストア」アプリのバックグラウンド通信に制限をかけている場合は、事前に設定を解除していただくようお願いいたします。
  • ※アプリ更新が進まない場合、アプリ更新をすべて停止してから、モバイルSuicaアプリのみ更新を行っていただくようお願いします。
    また、「Playストア」アプリがない場合は更新することができません。削除できないアプリケーションですが、お探しいただいても、無い場合は携帯電話ショップやお問合せ窓口等へご相談ください。



「Google Playストア」をご利用いただけない機種

お使いの機種のアプリのバージョンアップ方法をご確認ください。

※モバイルSuicaアプリのログイン時に表示されるデータ更新画面で「更新する」を選択してもバージョンアップが行われません。「このアプリはご利用になれません」などのメッセージが表示されます。

  • アプリのバージョンアップ手順(例)
  • NTTドコモ
  • 対象機種:P-01J、SH-01J
  • ① 「設定」を選択
  • ② 「ドコモサービス」を選択
  • ③ 「ドコモアプリ管理」を選択
  • ④ 「モバイルSuicaアプリ」を選択
  • ⑤ 「アップデート」を選択
  • KDDI
  • 対象機種:AQUOS K(SHF)、GRATINA 4G(KYF)、TORQUE X01
  • ① メニュー画面で「ツール」を選択
  • ② 「おサイフケータイ」を選択
  • ③ 「サービスサイト一覧」を選択※機種により本ステップは不要の場合あり
  • ④ サービス一覧サイトに遷移
  • ⑤ サービス一覧より、「モバイルSuica」を選択
  • ⑥ au MarketのモバイルSuica画面に遷移
  • ⑦ 「アップデート」を選択


ご注意




朝4時から翌日2時までの間にお済ませください。



1分〜3分程度のお時間がかかります。(ご利用の機種、通信環境により異なります)



バージョンアップにはパケット通信料がかかります。



アプリのバージョンアップを実施されない場合、2017年2月13日以降、一部のサービスをご利用いただけません。お早目にバージョンアップ操作を行っていただくようお願いいたします。



バージョンアップの実施とは関係なく、すでに購入済みの定期券やSF(電子マネー)、モバイルSuica特急券については、そのままご利用いただけます。



モバイルSuicaで改札機入場後は、バージョンアップの操作はできません。改札機出場後に行ってください。



操作の途中で、通信が途絶えるなどし、処理が途中で終わってしまった場合には、一度メニューへ戻ってから、再度ログインをしてください。






ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company