モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > モバイルSuicaに関する規約・特約 > モバイルSuicaによるオートチャージ利用特約






モバイルSuicaに関する規約・特約




モバイルSuicaによるオートチャージ利用特約


第1条(目的)




東日本旅客鉄道株式会社(以下、「当社」といいます。)は、モバイルSuica会員規約に定める会員(以下「会員」といいます。)が、ビューカード会員規約のオートチャージに関する特約第2条に規定する「オートチャージサービス」(以下「本サービス」といいます。)を利用するにあたって、以下のとおり「モバイルSuicaによるオートチャージ利用特約」(以下「本特約」)を定めます。なお、本特約に定めのない事項については、ビューカード会員規約、オートチャージに関する特約、モバイルSuica会員規約、モバイルSuicaによる鉄道利用に関する特約によるものとします。また、本特約における主な用語の定義は、ビューカード会員規約、モバイルSuica会員規約に定めるものとし、これらと異なる条項については本特約を優先することとします。

第2条(本サービスの利用方法等)




本サービスの利用にあたっては、ビューカード会員規約のオートチャージに関する特約第3条により、会員がモバイルSuica電話機等の設定を行うことが必要となります。

第3条(本サービスの利用条件)




本サービスは、本人名義の有効な次に掲げるクレジットカードを決済手段とする場合にのみ利用が可能となります。

(1) ビューカード(Suica機能のないビューカードも含みますが、法人カードは除きます。)
(2) ビューTypeII提携カード(※タイプiiマークのあるカード)

第4条(本サービスの提供時間)




オートチャージのサービス提供時間は、当社、潟rューカード及びビューTypeU提携カードを発行する各提携会社が別に定めるところによります。

第5条(本特約の変更)




当社は、事前に会員に通知することなく本特約を変更できるものとします。当該変更は、別途定める場合を除き、当社がモバイルSuica会員規約に規定する「パソコン向けサイト」上において提示による通知をすることとし、本特約変更後も会員がオートチャージを利用した場合は、当該会員は変更内容に同意したものとします。

2.  変更後については、変更後の内容のみ有効とします。

第6条(免責事項)




本サービスに関連して、当社の故意または重過失による場合を除き、会員の使用若しくは操作上の過誤又は第三者による不正使用等に伴って生じた損害その他いかなる不利益について、当社は一切その責を負わないものとします。また、(株)ビューカード等、本サービスの使用を可能とする各カード会社が管理するシステム若しくはその運営するウェブサイトの障害又は通信回線の異常その他当社の責によらない原因により、オートチャージに係るサービスの提供ができなかった場合についても、当社は会員が被る損害等につき一切責任を負わないものとします。




ページの先頭へ



ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company