モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > よくあるご質問 > モバイルSuica特急券






よくあるご質問




モバイルSuica特急券(モバトク・スーパーモバトク)




Q. 「モバイルSuica特急券」には、どんな種類がありますか?



A. 普通車用(指定席・自由席)とグリーン車用、グランクラス用があります。また、お値段をさらに割引いたスーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」もあります。
※グランクラス用のスーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」はございません。
「モバイルSuica特急券」は新幹線(東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線)のみのサービスです。在来線の列車にはご乗車になれません。




Q. 「モバイルSuica特急券」は、すべての新幹線の駅相互間に設定されていますか?



A. 列車の運行形態やご利用になる設備によっては、商品設定のない区間や指定席を発売しない区間があります。
スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」の設定区間については、こちらをご覧ください。
指定席を発売しない区間の例
新幹線の隣接駅間等(例:大宮〜小山)に設定されている特定特急料金区間については、モバイルSuica特急券「モバトク」では自由席でのご利用となります。



Q. 払いもどしはできますか?



A. 予約列車の出発前であれば、お申し出日に関係なく、モバイルSuica特急券「モバトク」は1枚あたり310円、スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」は購入額にモバイルSuica特急券「モバトク」からの割引率を乗じた手数料で払いもどしいたします。



Q. ダイヤが大幅に乱れたときの払いもどしはどうなりますか?



A. 特急・急行列車が到着時刻より2時間以上遅れた場合は、「モバイルSuica特急券」の特急料金相当額が払いもどしとなりますが、この場合も通常どおり、新幹線改札機に携帯情報端末をタッチしてご利用ください。(駅などの係員が特にご案内した場合を除きます。)
列車の運行情報(結果)や改札機から得られる情報に基づき、乗車日の3日後以降、アプリ画面上およびメールにより、払いもどしのご案内をさせていただきます。




Q. 1台の携帯情報端末で複数人分の指定席の申し込みはできますか?



A. 1台の携帯情報端末で購入できる「モバイルSuica特急券」は、会員ご本人さま分のみです。モバイルSuica会員2名さま以上で旅行される場合は、それぞれの携帯情報端末でお買い求めください。なお、座席は購入操作の際に、シートマップ機能から隣り合った席などを選択することができます。



Q. 新幹線を乗り継ぐ場合も購入できますか?



A. モバイルSuica特急券「モバトク」では、指定席でお乗り継ぎの場合、2つの列車(1回の乗り継ぎ)まで1枚でお求めになれます。ただし、乗継駅において、新幹線改札の外に出ることはできません。改札の外に出た場合は、前途の区間は無効となりますのでご注意ください。
また、大宮・福島・盛岡・高崎・越後湯沢の各駅を乗継駅として、直通列車が運転されない方向での乗継となる場合は、1件のモバトクでは購入できません。

一部、設定のない組合せがございます。
スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」の場合は、1つの列車のみのご利用となります。
新幹線を乗り継ぐ場合の操作方法はこちら



Q. 在来線特急との乗継割引は適用になりますか?



A. 「モバイルSuica特急券」のご利用区間(新幹線区間)と、在来線の特急列車を乗り継ぐ場合、在来線の特急料金に対する乗継割引は適用いたしません。



Q. 「大人の休日倶楽部」の会員ですが、割引になりますか?



A. 「モバイルSuica特急券」には、「大人の休日倶楽部割引」や「学生割引」などの各種割引は適用いたしません。



Q. 新幹線区間内で「モバイルSuica特急券」と他のきっぷとの併用はできますか?



A. 「モバイルSuica特急券」と同じ携帯情報端末内にあり、かつ有効区間が接続している新幹線定期券(FREX、FREXパル)については、組合せてご利用になれます。それ以外(2枚以上の「モバイルSuica特急券」や、「モバイルSuica特急券+カードタイプのSuica」など)の組合せ利用はできません。



Q. 自由席でモバイルSuica特急券「モバトク」を購入した場合、3ヶ月以内のどの日でも使えますか?



A. 購入時に指定した乗車日に限りお使いになれます。乗車日を変更したい場合は、乗車変更操作を行ってください。このとき、初回購入日から3ヶ月以内かつ操作日の1ヶ月先までの日を乗車日に指定できます。変更のないまま乗車日を過ぎた場合は無効となり、払いもどしはできません。



Q. チケット情報を携帯情報端末にダウンロードすることを忘れたらどうなりますか?



A. 新幹線改札機では、携帯情報端末のチケット情報を読み取って作動しているため、お受取り(ダウンロード)を忘れた場合は、新幹線改札機を通過することができません。この場合は、改めて携帯情報端末を操作して、ご利用になるチケット情報をお受取り(ダウンロード)していただくことになります。



Q. 「モバイルSuica特急券」を購入して、携帯情報端末をタッチしたのに改札機を通過できません。なぜでしょうか。



A. 次のような可能性が考えられます。それぞれ携帯情報端末の状態などをご確認ください。なお、(7)の場合は、携帯電話ショップなどへご相談ください。

(1)
「モバイルSuica特急券」を携帯情報端末に受取り(ダウンロード)していない。
(2)
特急券情報選択が「使わない」など、適切でない設定になっている。
(3)
Suicaエリア内の新幹線停車駅で「在来線改札口から入場」または「新幹線乗換改札口から出場」のいずれかの場合に、SF残額不足になっている。
Suicaエリア内の新幹線停車駅では、「モバイルSuica特急券」の区間にかかわらず、その駅からの在来線最低区間運賃分のSF残額が必要です。(残額からの引去りはいたしません。)
残額不足の場合は、SFの入金(チャージ)操作を行ってください。(該当駅で、新幹線乗換改札口の改札機から出場する場合も同様です。)
(4)
携帯情報端末のフェリカマーク以外の面もしくはマークから外れた位置で改札機にタッチしている。あるいは、タッチ時間が非常に短い。
(5)
前回、Suicaエリア外の駅をご利用になったか、出場時の改札機タッチが不完全だったため、携帯情報端末への駅係員処理が必要な状態になっている。
(6)
携帯情報端末自体のセキュリティ機能である「ICカードロック」を有効にしている。(有効にしている場合はご利用いただけませんので、携帯情報端末を操作し、設定を解除してください。)
(7)
携帯情報端末に故障が発生している。

フェリカはフェリカネットワークス株式会社の登録商標です。



Q. 携帯情報端末の電池がなくなってしまったらどうなりますか?



A. 通話や画面表示ができなくなってしばらくの間は、電池残量により改札機の通過が可能な場合もありますが、完全に電池残量がなくなると、「モバイルSuica特急券」をご利用いただけなくなります。この場合、携帯情報端末をお忘れになった際と同様、駅の窓口でお申し出になり、別途紙のきっぷをお求めの上でご旅行いただくか、乗車区間を現金精算していただきます。
なお、使用できなかった「モバイルSuica特急券」は後日払いもどし(手数料が必要です)のお手続きとなります。




Q. 携帯情報端末を紛失してしまったらどうすればよいですか?



A. パソコンからの操作、もしくはモバイルSuicaコールセンターにご連絡いただき、「モバイルSuica特急券」の再発行手続きをしてください。(再発行手数料510円がかかります。)
「モバイルSuica特急券」は、再発行登録の当日にセンター(モバイルSuicaサーバ内)に再発行します。再発行後、ご乗車にならない場合は払いもどしできます。(払いもどし1枚につき、モバイルSuica特急券「モバトク」は手数料310円、スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」は購入額にモバイルSuica特急券「モバトク」からの割引率を乗じた額がかかりますが、再発行登録当日が乗車日だったものに限り、モバイルSuicaコールセンターにお申し出の場合は、払いもどし手数料なしでお取り扱いします。)
再発行された「モバイルSuica特急券」を受取り(ダウンロード)しての利用や変更は、その後、モバイルSuica対応の携帯情報端末を改めてご用意の上、再発行登録の翌日以降にモバイルSuicaアプリをダウンロードしていただくことで、可能となります。
携帯情報端末をご用意いただくまでの間に乗車をされる場合は、別途、乗車券・特急券(紙のきっぷ)をお買い求めください。


受取り済み 購入済み(未受取り)
乗車日が再発行登録の当日(発車時刻前)
  • 乗車日(=登録日)の3日後以降、未使用が確認できた場合は払いもどし可能
  • ご乗車には別途乗車券類が必要
  • 登録当日より、コールセンターから払いもどし可能
  • ご乗車には別途乗車券類が必要
乗車日が再発行登録の翌日以降
  • 登録当日より、コールセンターから払いもどし可能
  • ご利用や変更は登録翌日以降、かつ携帯情報端末をご用意後に可能
  • 登録当日より、コールセンターから払いもどし可能
  • ご利用や変更は登録翌日以降、かつ携帯情報端末をご用意後に可能

【再発行登録されない場合】
  • 再発行登録されない場合は、駅窓口にて「モバイルSuicaの携帯情報端末が無いため購入する」旨をお申し出になり、購入済みの「モバイルSuica特急券」と同じ区間の乗車券・特急券(紙のきっぷ)を別途お求めください。
  • 別途お求めの特急券・乗車券は、旅行終了後お持ち帰りになり、モバイルSuicaコールセンターへ電話にて払いもどしをご相談のうえ、ご案内に基づき乗車券・特急券を郵送してください。(郵送料はお客さま負担です。)
  • 郵送していただいた乗車券・特急券が到着後、対応する「モバイルSuica特急券」が未使用の状態であることが確認できた場合、「モバイルSuica特急券」の発売額からモバイルSuica特急券「モバトク」は手数料310円、スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」は購入額にモバイルSuica特急券「モバトク」からの割引率を乗じた額を差し引いて払いもどしいたします。

ご注意
次の場合、お使いになれなかった「モバイルSuica特急券」の払いもどしができないことがあります。ご注意ください。
  • 別途購入した乗車券・特急券(紙のきっぷ)がお手元に無い場合
  • 「モバイルSuica特急券」の状態が使用済みとなっている場合
  • モバイルSuicaコールセンターへ電話による事前のご相談が無いまま、乗車券・特急券を郵送された場合



Q. 新幹線を乗り越した場合はどうすればよいですか。



A. 「モバイルSuica特急券」で乗車後、やむを得ず新幹線区間を乗り越した場合、最後に新幹線から下車する駅で精算します。このとき、実際に乗車した区間のモバイルSuica特急券「モバトク」と購入済みの区間の「モバイルSuica特急券」のお値段を比較し、不足額を携帯情報端末のSF残額または現金によりお支払いください。なお、「モバイルSuica特急券」の有効区間の着駅から先への乗り越しの場合、下車駅の新幹線改札機へのタッチでSF残額による自動精算ができます(※)。
「モバイルSuica特急券」の有効区間の発駅または途中駅から方向を変更して乗車している場合や、モバイルSuicaで新幹線定期券(FREX、FREXパル)をお持ちの場合、または現金による精算をご希望の場合は、改札機での自動精算はできませんので、新幹線改札口の係員へお申し出ください。
JR西日本(上越妙高〜金沢間)、またはJR北海道区間(新青森〜新函館北斗間)を発着に含むモバイルSuica特急券で乗り越した場合は、下車駅の新幹線改札口にて現金による精算となります。
スーパーモバイルSuica特急券「スーパーモバトク」は、有効区間の発駅または途中駅から方向を変更して乗車することができません。



Q. 「モバイルSuica特急券」の購入を証明するものは何かもらえますか?



A. パソコンを利用することで、購入や払いもどしの実績を「ご利用明細書兼領収書」「払戻計算書」という様式で1回に限り印刷できます。ご利用明細書兼領収書の表示項目は「購入日付」「購入額」「乗車日」「区間」「座席番号」などです。
印刷にあたっては、パソコンの「モバイルSuicaサイト」の会員メニューで「ご利用明細書(領収書)・払戻計算書」を選択し、画面から印刷したい履歴の「印刷」ボタンを押してください。





ページの先頭へ



ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company