モバイルSuicaとは 安心・簡単・便利 利用開始までの流れ 利用方法 各種手続き

モバイルSuica トップ > よくあるご質問 > その他






よくあるご質問




その他




Q. 同じ携帯情報端末にSuica以外の電子マネーも入っているのですが、利用する際に意識して使い分ける必要があるのですか?



A. ご利用の際に、お客さまが携帯情報端末をタッチする読み取り機が、Suica用であれば、SuicaのSF(電子マネー)が差し引かれ、他の電子マネーのものであれば、そちらが差し引きされます。なお、ご利用の際にアプリを立ち上げる必要はありません。また、読み取り機が、Suicaと他の電子マネーなどとの共用の場合であっても、お客さまがSuicaでの支払いを選択することで、SuicaのSF(電子マネー)が差し引かれます。



Q. アプリを常に立ち上げている必要がありますか?



A. 自動改札機の通過など、画面や通信機能を特に使用しない場合は、モバイルSuicaアプリを立ち上げる必要はありません。



Q. 携帯情報端末の電源は常に入れて(ONにして)いなければなりませんか?



A. 自動改札機の通過など、画面や通信機能を特に使用しない場合は、携帯情報端末の電源は切った状態(OFF)でもご利用になれます。



Q. 携帯情報端末が電池切れとなっても使えますか?



A. 通話や画面表示ができなくなってしばらくの間(電池の劣化度合いや使用環境などで異なります)は、電池残量により自動改札機の通過が可能な場合もあります。しかし、電池の残量が完全になくなると全てのサービスが利用できなくなります。なお、改札から入場後にこのような状態になった場合は、SF、定期券およびモバイルSuica特急券のいずれの利用であっても、利用区間の運賃(必要により料金)を全額現金でお支払いいただきます。電池の残量には十分ご注意のうえ、きちんと充電された状態でのご利用をお願いします。



Q. モバイルSuicaで登録した「Suicaパスワード」を忘れてしまいましたが、どうすればよいですか?



A. Suicaパスワードをお忘れの場合はパスワードの再登録をお願いします。
携帯情報端末からの場合、モバイルSuicaアプリのメニュー画面から代表的に「SF(電子マネー)」を選択し、続くログイン画面で「パスワード再登録」を選んでください。メールアドレスを入力すると、再登録の準備が完了した旨のメールが届きますので、URLから実行し、本人確認情報を入力していただくことになります。(スマートフォンからの場合は、モバイルSuicaアプリを終了していただく必要があります。アプリ終了後、受信メールのURLをタップし、再登録操作を進めてください。)
パソコンからの場合は、「モバイルSuica会員メニューサイト」のログイン画面から「パスワード再登録」を選択し、メールアドレスを入力します。この後は携帯情報端末からの場合と同様の手順となります。




Q. わからないことがある場合は、どこに問い合わせればよいですか?



A. モバイルSuica会員向けに「モバイルSuicaコールセンター」を開設し、各種お問合せに対応しています。また、問合せ対応の他にも、携帯情報端末を紛失した場合の再発行手続の受付など、様々な場面で会員サービスの窓口として機能しています。



Q. 改札を通過できないときは、どうすればよいですか?



A. 以下の事象をご確認ください。

(1)
入金(チャージ)残額や定期券の有効期間をご確認ください。
(2)
電池の残量をご確認ください。電池残量が完全になくなると、利用できなくなります。
(3)
ICカードロックがかかっていないか、ご確認ください。
(4)
前回利用した際の履歴をご確認ください。

さらにご不明な場合は、JR東日本の駅の窓口にお申し出ください。なお、携帯情報端末に故障が生じている場合は、駅では対応できませんので、携帯ショップ等などへご相談ください。



Q. ダイレクトメールの配信を停止してほしいのですが。 



A. 携帯情報端末(モバイルSuica端末)から変更手続きが可能です。
モバイルSuicaアプリのメニュー画面から「7.会員メニュー」⇒「5.メール配信設定」と進み、「携帯メール配信情報」の「希望しない」⇒「1.変更確認」を選択、というお手続きになります。





ページの先頭へ



ページの先頭へ


本文へ戻る
JR東日本トップ各種お問い合わせJR東日本ウェブサイトのご利用にあたってサイトマップ
このページのトップへ戻る
Copyright © East Japan Railway Company