1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 生活サービス事業
  5. ショッピングセンター事業

生活サービス事業

ショッピングセンター事業

あなたの街は、駅のショッピングセンターを中心にもっと便利に、もっと素敵に生まれ変わります。

通勤、通学、旅行や出張の際などに、駅をさらに便利にご利用いただくために、
JR東日本グループは、ショッピングセンターを東日本エリア161箇所に展開しています。

生活サービス事業の中核、ショッピングセンター事業

〜集客力と立地を活かして、暮らしを彩る商業ゾーンを開発〜

集客力に優れ、高い収益を生み出すことができる駅および駅周辺を最大限に活用し、大規模なショッピングセンターと中小規模の生活密着型駅ビルを開発しています。お客さまのニーズを的確に捉え、地域の特性を活かしたショッピングセンター開発に取り組んでいきます。

〜お客さまに愛されるショッピングセンターをめざした取り組み〜

ショッピングセンター事業の競争環境は、ますます激しさを増しています。当社のショッピングセンター事業では、これまで駅ビルに偏在・不足していたトータルマネジメント力を強化し、ローコストオペレーション施策を導入するなど、グループの総力を結集した体制づくりに取り組んでいます。また、ブランド戦略の構築に取り組むこと、駅ビルの魅力度アップ・収益力強化を行うことで、お客さまに愛されるショッピングセンターをめざしています。

  • ・JR東日本が出資しているショッピングセンターは、20社・161箇所(2017年10月1日現在)
    2016年度の売上高は、合計で約1兆1136億円。
  • ・JR東日本グループの代表的なショッピングセンター運営企業

(株)ルミネ

ルミネは、新宿、大宮、立川、北千住、横浜などのターミナル駅を中心に首都圏16店舗のショッピングセンターとネット通販「i LUMINE(アイルミネ)」を運営しています。JR東日本グループのリーダー的役割を担いながら、事業パートナーはもとより、お客さまと共に、時代をリードするライフバリューを創造し、企業理念である「お客さまの思いの先をよみ、期待の先をみたす。」の実現をめざしていきます。

(株)アトレ

アトレブランドを中心に「駅・街・アトレ」というビジョンのもと、恵比寿・目黒・品川・大井町・大森・上野・秋葉原・吉祥寺・川崎など、多様な立地において、現在34店舗の駅ビルを運営。今後も複数の新規開発を検討中。またグループ駅ビルのリニューアル、増床計画やJR東日本が推進するエキナカビジネスを積極的にサポートしています。

仙台ターミナルビル(株)

「エスパル」の名称で仙台をはじめ、福島、郡山、山形でショッピングセンターを運営。エリア初出店となるブランドを多数誘致するだけでなく、地域ブランドの発掘も行い、「先進性」と「地域性」を追求しています。さらに東北エリアにおけるフラッグシップ会社として、北東北の駅ビルの開発サポートを行い、地域の活性化にも取り組んでいます。

ジェイアール東日本商業開発(株)

立川と蒲田の2店を百貨店業態で運営。小売のプロフェッショナルとして、お客さまの「いつも」に新しい価値を提供し続けるために、きめ細やかなサービスや充実した商品、常に変化を感じられる売場を演出し、グランデュオブランドの確立を目指しています。

(株)ジェイアール東日本都市開発

高架下における事業の開発、管理、運営を総合的に行うために、高架下開発会社を合併して設立。現在では「ビーンズ」「シャポー」等の名称で30箇所のショッピングセンターを展開しています。
ショッピングセンター売上高

新規開業やリニューアル効果により、着実に売上を伸ばしてきております。

ショッピングセンター売上高グラフ

駅ビルポータルサイト「駅パラ」

JR東日本グループの駅ビル情報をまとめて提供する「駅パラ」。
「駅パラ」では、

  • ・駅ビル、エキナカの新しいショップやイベント、セールなどの最新情報をご紹介!
  • ・ショップの新作商品やレストランの新メニューといった旬の情報が満載!
  • ・おすすめのお土産やお弁当もランキングでご紹介!東日本エリアのお土産は「おみやげMAP」で!

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerダウンロードへ

ページの先頭へ