1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 企業情報
  4. 生活サービス事業
  5. 広告・出版事業

生活サービス事業

広告・出版事業

駅や車内で、注目度の高いメディアを展開しています。

当社の駅や列車をご利用されるお客さまは1日1,700万人。多くのお客さまが目にする当社の広告は、
非常に注目度の高いメディアとなっています。駅ポスターや車内ポスターだけでなく、IT技術を活用したデジタルサイネージの展開や駅の開発計画に広告を組み込んで媒体価値を高めるなど、広告事業の拡大に努めています。

広告事業

注目度の高い交通広告

反復率や接触率が高く、エリア別のターゲットに効率的に訴求できるのが交通広告の特長。

車内デジタルサイネージ
※写真はトレインチャンネル

車内デジタルサイネージ
車内に設置した液晶ディスプレイで、運行情報や広告をはじめニュース、天気予報などを放映しています。2002年4月に山手線に導入後、中央線、京浜東北線・根岸線他、各線区にも展開しております。魅力ある情報をタイムリーに放映することで、電車を利用されるお客さまのみならず広告主からも注目されています。

駅デジタルサイネージ
※写真はJ・ADビジョン

駅デジタルサイネージ
2008年10月に東京駅で導入開始となりました。データ配信にWiMAXを用い、大型ディスプレイに鮮明な動画や画像で時間帯や曜日別コンテンツの表示が可能です。ネットワーク化された新たなデジタルメディアとして多くのお客さまにご覧頂けるよう展開しています。

駅ポスター

駅ポスター
駅を利用する多くのお客さまの目を引く広告で、イメージ型の強烈な訴求やエリアを絞った展開ができるほか、表現方法の工夫によって印象度を高める事ができます。

SPメディア
※写真はスーパーラッピング

SPメディア
広告が通常ない場所に臨時に掲出が出来るスポットメディアです。駅ごとに象徴的な場所での大型展開や、空間ジャックなど商品の組み合わせによって様々な展開が可能となります。駅を利用するお客さまが必ず広告の世界観に触れることが出来るため好評を博しています。

車内ポスター

車内ポスター
サラリーマン、OLを中心に幅広い層に対して訴求力のある広告です。中づりやまど上、ステッカーなど、サイズや掲載位置、期間などが異なる様々な種類があり、それぞれが持つ広告効果に合わせて媒体を選択し、目的にあった広告展開が可能です。

駅サインボード

駅サインボード
駅で乗降されるお客さまに効果的なアピールができる広告です。掲出期間が長期にわたっているため、お客さま1人あたりに対して多くの接触回数が期待できるほか、ターゲットを絞り込んだ広告展開が可能です。

車体広告

車体広告
2002年2月の山手線での販売開始後、他線区へ販売を拡大しました。2003年9月からは、よりダイナミックなデザインを可能としたフリースタイルデザインを導入し、お客さまの共感を得ると共に、広告主に好評を博しています。

広告事業展開を担う2つの会社

(株)ジェイアール東日本企画
当社の交通広告媒体を販売しているのに加え、一般広告主への企画提案として他の媒体を交通広告と効果的に組み合わせる営業展開を行い、総合広告会社として大きく成長しています。また、JR東日本グループの一員として、鉄道をはじめとするJRグループの経営資源を最大限活用し他社との差別化を図っています。
(株)東京メディア・サービス
ポスターなどの発送および、掲出、撤去作業や、広告設備の設置工事およびメンテナンス、またそれに関わる安全管理業務など、交通広告オペレーションのスペシャリストとして活躍しています。

出版事業

読者の方々の興味やライフスタイルが多様化していく中で、常にニーズをつかみ、普段の暮らしに役立つ「食」「健康」「インテリア」などの情報を、刊行物・インターネットを通じて提案しています。

オレンジページの主な刊行物
雑誌名 発行頻度 内容
オレンジページ 月2回 創刊32周年を迎えた料理と暮らしの情報誌
オレンジページCooking 季刊 より食を楽しみたい料理上級者向け専門誌
おとなの健康 季刊 健康寿命をのばすためのおとな世代の健康情報誌
  • オレンジページ表紙イメージ
  • オレンジページCooking表紙イメージ
  • おとなの健康表紙イメージ

ページの先頭へ