1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. 子育て支援事業「HAPPY CHILD PROJECT」
  4. 事業紹介

事業紹介

子育て支援の様々な取り組み 笑顔あふれる、幸せな沿線を目指して 子育て支援の様々な取り組み 笑顔あふれる、幸せな沿線を目指して

HAPPY CHILD PROJECT HAPPY CHILD PROJECT

仕事と家庭の両立をサポートし地域に貢献したい。そんな思いのもと、JR東日本グループでは、首都圏を中心とした沿線に保育園を始めとする子育て支援施設の開設や親子でできるイベント開催など子育て中の家族を応援する幅広い取り組みを進めています。
JR東日本グループではこれらを総称し「HAPPY CHILD PROJECT」と呼び、今後も子育てに関する様々なニーズにお応えしながら、子育て支援から暮らしやすい沿線づくりへと歩みをすすめ、安心で快適な子育て環境の未来へ挑みます。

事業内容 親子が快適に暮らせる子育て環境の真ん中へー 事業内容 親子が快適に暮らせる子育て環境の真ん中へー

「送り迎えに便利で、安心して預けられる保育環境を」
駅型保育園

駅型保育園

「駅に保育園があったら送り迎えが便利」という発想から1996年、国分寺に最初の「駅型保育園」を開設しました。
以降、2000年には小机、鶴見に横浜保育室の第1号を、2001年には北千住に東京都認証保育園の第1号を開設する等、地元自治体と協調しながら、積極的に保育園の開設を進めています。

  • 「駅型保育園」の様子

    「駅型保育園」の様子

  • 「駅型保育園」の様子

駅型学童など

  • 「放課後の時間を、
    安全且つ楽しく過ごすために」
    駅型学童
  • 「駅に親子の憩いの空間」
    親子コミュニティカフェ
  • 「駅の保育施設から、
    地域の保育園へ送迎」
    送迎保育ステーション
  • 駅型学童

    駅型学童

  • 駅型保育園
送迎保育ステーション

送迎保育ステーション

  • 親子コミュニティカフェ

    親子コミュニティカフェ

  • 親子コミュニティカフェ

「世代を超えた、ふれあいコミュニティ」
COTONIOR(コトニア)

COTONIOR コトニア

「COTONIOR」はJR東日本グループが推進する子育て支援と高齢者福祉の複合施設です。コトニアの展開を通じて、子どもたちはお年寄りへの思いやりや尊敬する心を育み、高齢者の方々は子どもたちに癒され、気力の充実に繋げてもらいたいと考えています。
現在は吉祥寺、赤羽、西船橋、国立の計4ヶ所で展開しています。

  • コトニア
  • コトニア
  • コトニア
  • コトニア

新たな取り組みについて 新たな取り組みについて

様々な子育てニーズに応じ、新たな子育て支援メニューや多世代交流が図れる子育て支援事業を通じて、地域の皆さまを幅広く応援し、より住みやすく暮らしやすい沿線を目指し、地域社会のさらなる未来に貢献してまいります。

  • イベントの
    開催

  • 子育てに
    やさしい
    街づくり

  • 多世代交流の
    促進

  • 安心安全な
    鉄道利用

イメージ画像

子ども見守りサービス「まもレール」

まもレールお子さまを見守る
改札通過通知サービスが始まります。

エキから届く、あんしん通知。まもレール

お子さまが、「Suica」「PASMO」にて対象駅の自動改札を通過するとご登録いただいた保護者のスマートフォンなどの携帯端末に「利用駅」「通過時刻」「チャージ残額」が通知されるサービスです。
2017年10月1日より、山手線・中央線(東京~高尾)の57駅でサービスを開始し、2018年春までに首都圏244駅でご利用いただけるようになります。
お申込み・サービスの詳細などは、下記「まもレール」のオフィシャルサイトをご確認ください。
(ご契約・お問合せ等は、共同事業者のセントラル警備保障(株)にて承ります)

  • 改札通過でお知らせ
  • Suica・PASMOが使えます
  • メールorアプリに通知

※『PASMO』は、株式会社パスモの登録商標です。

詳細はこちら

地域交流イベント 地域の方々に親しまれる沿線を目指して 地域交流イベント 地域の方々に親しまれる沿線を目指して

こども鉄道作品展

駅型保育園に通う子どもたちによる作品展を、鉄道博物館(埼玉県さいたま市)で2010年から毎年開催しています。保育園の日頃の保育活動の発表の場、また子どもたちの成長を確認していただく場としての役割も果たしています。

  • こども鉄道作品展
  • 作品展会場
  • 特急電車のうんてんし・しゃしょうさんとあそぼう!
  • 1日電車デザイナーになろう!
各地でペーパークラフト教室を開催

「子どもたちにもっと鉄道を身近に感じてもらい、親子の思い出をたくさんつくってもらいたい。」そんな思いから、親子参加型ワークショップ「新幹線ペーパークラフト教室」を各地で開催しています。

  • ペーパークラフト
  • ペーパークラフト教室
  • ペーパークラフト教室
  • ペーパークラフト教室

「HAPPY CHILD PROJECT」のあゆみ 「HAPPY CHILD PROJECT」のあゆみ

1996年

1ヶ所目の「駅型保育園」を国分寺に開設

2000年~

東京都や横浜市とのコラボレーション

  • ・東京都「東京都認証保育園」の第1号を北千住にて開設。
  • ・横浜市「横浜保育室」の第1号を小机、鶴見で開設。
2004年~

埼京線を「子育て応援路線」に
埼京線沿線において、子育て支援施設の沿線モデルを確立。

2007年~

エキナカにおける展開

  • ・立川にてエキナカに保育園を開設。
2010年~

「こども鉄道作品展」の開催

子育て支援事業が各賞を受賞

  • ・「駅型保育園」が、「第4回キッズデザイン賞」において、最優秀賞にあたる「少子化対策担当大臣賞」を受賞。
  • ・「2010年にっけい子育て支援大賞」において、大賞受賞企業の一つに選出。(運輸業として初)
2010年~

幅広いニーズに応えるために駅型学童、親子コミュニティカフェを展開

  • ・小学生になっても安心して働き続けられる環境を目指し、八王子市内に学童保育施設を開設。
  • ・籠原において、親子・地域の方が集える場として、親子コミュニティカフェを開設
2012年~

親子参加型ワークショップを開設
「ワーク・ライフ・バランス大賞」において、優秀賞を受賞

2013年~

子育て支援と高齢者福祉の複合施設開設
保育園と通所介護施設を併設した「COTONIOR(コトニア)吉祥寺」を開設。
山手線沿線に初めて認可保育園を開設

2014年~

「COTONIOR(コトニア)吉祥寺」が「第2回プラチナ大賞」において、審査委員特別賞を受賞

2017年~

子育て支援施設100箇所達成

子育て支援施設数の推移

取り組みの幅を広げるとともに施設の拡充も進め、引き続き130ヵ所までの拡大をめざしていきます。