1. JR東日本トップ
  2. 駅・鉄道/旅行・観光
  3. きっぷ案内
  4. きっぷあれこれ
  5. 運賃計算の特例

きっぷあれこれ

運賃計算の特例

新大阪駅、大阪駅と姫路駅以遠の駅との区間の特例

新大阪または大阪の両駅と姫路以遠の駅との区間(下図参照)の運賃は、大阪駅から(または大阪駅まで)のキロ数で計算します。

北新地駅と尼崎以遠(立花、塚口方面)の駅との区間の特例

加島駅を経由する北新地駅と尼崎以遠(立花、塚口方面)の駅との区間の運賃は、塚本駅を経由する大阪駅から(または大阪駅まで)のキロ数で計算します。ただし、大阪市内発(または着)の乗車券となる場合を除きます。

※運賃計算以外の有効期間などの計算は北新地駅から(または北新地まで)のキロ数を使います。

特定の都区市内駅を発着する場合の特例

東京、大阪など11都市内の駅(図参照)とその都市内の中心駅(図の中で◎の駅)から営業キロが201キロ以上ある駅との区間の運賃は、その都市内の外を経てから再びその都市内を通過する場合(または都市内を通過し外を経てから再びその都市内に戻る場合)を除いて、中心駅から(または中心駅まで)の営業キロ、運賃計算キロで計算します。

都区市内発(または着)の乗車券は、それぞれの同じゾーン内ならどの駅でも乗り始める(または降りる)ことができます。ただし、同じゾーン内の駅で途中下車はできません。

ゾーン内の駅では、駅名標に区福などのマークがついています。

例

小岩から新倉敷までの運賃

小岩駅は「東京都区内」ゾーン内にある駅で、また中心駅の東京駅から新倉敷駅までは201キロ以上ありますので、運賃は東京〜新倉敷間の営業キロ758.1キロで計算し10,480円になります。

東京山手線内の駅を発着する場合の特例

山手線内の駅(「特定の都区市内駅を発着する場合の特例」の図の太線内の駅)と、東京駅から営業キロが101〜200キロの駅との区間の運賃は、山手線内の外を経てから再び山手線内を通過する場合(または山手線内を通過し外を経てから再び山手線内に戻る場合)を除いて、東京駅から(または東京駅まで)の営業キロ・運賃計算キロで計算します。

山手線内発(または着)の乗車券は、同じゾーン内ならどの駅でも乗り始める(または降りる)ことができます。ただし、同じゾーン内の駅で途中下車はできません。

ゾーン内の駅では、駅名標に山 のマークがついています。

例

品川から越後湯沢までの運賃

品川駅は「山手線内」のゾーン内にある駅で、また中心駅の東京駅から越後湯沢駅までは101〜200キロの区間にありますので、運賃は東京〜越後湯沢間の営業キロ199.2キロで計算し3,350円になります。

ページの先頭へ