1. JR東日本トップ
  2. 企業・IR・採用
  3. IR情報
  4. 株主優待のご案内
  5. 株主優待割引券

株主優待のご案内

株主優待割引券

【発行基準】

毎年3月31日の最終の株主名簿に記載又は記録されている株主の皆さまに、下表の基準により年一回(毎年5月下旬)株主優待割引券を発行いたします。

所有株式数 発行枚数
100株〜1,000株100株ごとに1枚
1,000株超〜10,000株10枚+1,000株超過分200株ごとに1枚
10,000株超〜20,000株未満55枚+10,000株超過分300株ごとに1枚
20,000株以上〜50,000株未満100枚
50,000株以上〜100,000株未満250枚
100,000株以上500枚

ページの先頭へ

【有効期間】

株主優待割引券の有効期間は、6月1日から翌年5月31日までの1年間です。

※株主優待割引券の有効期間内に乗車券等を購入された場合、その乗車券等に記載された期間まで有効です。

<例>
5月30日に、6月30日から有効の東京〜秋田(5日間有効)の乗車券を購入された場合、この乗車券は7月4日まで有効です。

ページの先頭へ

【ご利用案内】

  1. 利用方法
    • 1枚の株主優待割引券を、運賃及び料金のいずれか又は双方の割引に利用することができます。ただし、双方の割引に利用する場合は、乗車券及び乗車券の区間内の料金券を同時に購入してください。
    • 株主優待割引券は、1枚につき、お一人様一回の割引に利用することができます。
    • 株主優待割引券は、旅行開始前に発売箇所において乗車券等を購入する場合に限って利用することができます。
    • ご利用の際、株主優待割引券に必要事項をご記入のうえ、当社の「みどりの窓口」等にお申し込みください。
  2. 割引率
    • 株主優待割引券は1枚の利用で2割引とします。2枚まで同時に利用でき、4割引を限度とします。
  3. 割引の対象
    • 運賃は、当社営業路線内の普通片道乗車券とします。
    • 料金は、当社営業路線内の片道の特急券、急行券、グリーン券及び座席指定券とし、一列車に限ります。
      ※ただし、新幹線に乗車する場合で、新幹線の改札口を出ないで、同一方向の他の新幹線を乗り継いでご利用になる場合に限り一列車として発売します。
  4. 割引対象区間
    • 当社営業路線内の乗車区間とします。
    • 当社営業路線とJR他社路線をまたがって乗車する場合は、当社の割引区間とJR他社区間を別々に発売することになります。なお、この場合、株主優待割引券を利用したことにより、むしろ割高になる場合もあります。

ページの先頭へ

【ご利用にあたってのご注意】

  1. 利用制限
    • 定期券、回数券及びSuicaは、株主優待割引の対象といたしません。
    • グランクラス、個室及び寝台列車(寝台を併結した列車の寝台車及び座席車を含む。)を利用する場合は、運賃のみを株主優待割引の対象とし、料金は株主優待割引の対象といたしません。
      ※株主優待割引券を使用してグランクラスをご利用の場合、特急料金とグランクラス料金の料金券は別に購入してください。また、割引券を使用して個室及び寝台列車(寝台を併結した列車の寝台車及び座席車を含む。)をご利用の場合、ご利用になる列車種別に応じた特急料金、グリーン個室料金、寝台料金等の料金券は別に購入してください。
    • 他の割引との重複適用はいたしません。
      ※他の割引とは、往復、学生、団体、乗継、身体障害者、大人の休日倶楽部などの割引をいいます。
    • 既に割引している商品は、株主優待割引の対象といたしません。
      ※既に割引している商品とは、フリーきっぷ、フルムーン夫婦グリーンパス、青春18きっぷなどの企画商品をいいます。
  2. 発売箇所
    • 株主優待割引券による乗車券等の発売箇所は、当社の「みどりの窓口」、「びゅうプラザ」及び「提携販売センター」等とします。
      ※JR他社窓口、旅行代理店、車内及び精算窓口での取扱いはいたしません。
  3. 再発行
    • 盗難、紛失などの場合、あるいは株主優待割引券により購入した乗車券等を払いもどす場合は、株主優待割引券の再発行(返還を含む。)はいたしません。
      ただし、運行不能・遅延のために払いもどしを行う場合は、「株主優待割引券代用証」を発行いたします。

ページの先頭へ

【その他】

上記以外の取扱いについては、当社の旅客営業規則等の定めによるものとします。

ページの先頭へ

【Q&A】

Q.なぜ株主優待割引券はJR東日本の営業路線でしか利用できないのか。
A.当社の株主優待制度は、多くの株主の皆さまに、株主優待割引券で当社の営業路線をご利用いただき、当社の事業内容についてよりご理解をいただきたいと考え実施しているものです。
従いまして、ご利用いただける範囲については、当社の営業路線内に限らせていただいております。
また、株主優待割引券による乗車券類の発売等につきましても、当社が責任を持って対応しなければならないと考え、取扱箇所を当社の「みどりの窓口」等とさせていただいております。
Q.ジパング倶楽部にも入会している株主だが、ジパング倶楽部の割引を利用すれば、株主優待割引券は使い道がないのではないか。
A.当社の株主優待制度は、株主の皆さまに当社の営業路線をご利用いただき事業内容についてよりご理解をいただくことを目的としており、ジパング倶楽部等の割引制度とは趣旨が異なりますので、ご理解をいただきたいと存じます。
株主優待制度とジパング倶楽部の割引制度について比較させていただきますと、ジパング倶楽部には距離や時期のご利用制限がございますが、株主優待割引券は、片道で200km以下のご利用や、ゴールデンウィーク・お盆・正月等の時期のご利用に際しても、お使いいただけます。
なお、株主優待割引券とジパング倶楽部等との重複割引はいたしかねますので、ご了承ください。
Q.なぜ株主優待割引券はグランクラスで利用できないのか。
A.グランクラスにつきましては、座席数が非常に限られていることから、乗車券のみを割引の対象としております。株主優待割引券を使用してグランクラスをご利用の場合、乗車券を株主優待割引で購入し、特急料金とグランクラス料金の料金券は別に購入してください。
Q.株主優待割引券を利用して、北陸新幹線東京〜金沢間を利用することはできるのか。
A.北陸新幹線につきましては東京〜上越妙高間が当社の営業路線となり、上越妙高〜金沢間がJR西日本の営業路線となります。従いまして、当社の株主優待割引券を使用して乗車券・特急券・グリーン券(グランクラスを除く。)をお買い求めの際は、東京〜上越妙高間を株主優待割引、上越妙高〜金沢間を無割引として、別々に発売いたします。なお、この場合、株主優待割引券を利用したことにより、むしろ割高になる場合もあります。
※上越妙高を通過する列車がございますが、乗車券のほか特急券(指定席)・グリーン券(グランクラスを除く。)につきましても東京〜上越妙高間で割引を適用いたします。ただし、この取扱いは東京〜上越妙高間(株主優待割引)及び上越妙高〜金沢間(無割引)の2区間の特急券・グリーン券(グランクラスを除く。)を同時にお買い求めになる場合に限ります。なお、糸魚川〜金沢間をはじめJR西日本の「みどりの窓口」等、当社以外の窓口では、当社の株主優待割引券はご使用になれませんのでご注意ください。

ページの先頭へ